+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【資格】消防設備士 乙六 更新講習受講

どーもESTです。

今日は消防設備士の更新講習を受講して来ました。


この消防設備士という資格は、消火器やスプリンクラー設備などの消火設備、自動火災報知設備などの警報設備、救助袋などの避難設備の設置工事、点検整備を行うことができる資格になります。一応国家資格です。


また、一概に消防設備士と言っても下記の通り、いくつか種類があります。

 

【甲種】
・甲種第一類 - 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
・甲種第二類 - 泡消火設備
・甲種第三類 - 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
・甲種第四類 - 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
・甲種第五類 - 金属製避難はしご、救助袋、緩降機
・甲種特類 - 特殊消防用設備等

 

【乙類】
・乙種第一類 - 甲種第一類と同じ
・乙種第二類 - 甲種第二類と同じ
・乙種第三類 - 甲種第三類と同じ
・乙種第四類 - 甲種第四類と同じ
・乙種第五類 - 甲種第五類と同じ
・乙種第六類 - 消火器
・乙種第七類 - 漏電火災警報器

 

この種類に応じた消防設備の整備及び点検をすることができる資格になります。

甲種と乙種の違いは乙種は点検のみ甲種は工事が出来るという違いがあります。


ちなみに、私は乙種六類の消火器だけ持っています。社命で止む無く取らされた資格です。この乙六の消火器に甲種が無い理由は、消火器には工事が発生しないからですね。


さて、消防設備士の免状の更新期間ですが、まず免状の交付を受けた日以後における最初の4月1日から2年以内に受講する必要があります。以後、受講を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内毎に講習を受けることになります。


私は今回2回目の更新講習になります。

講習会場は浦和にある埼玉県民健康センターでした。

f:id:k-est:20180802080205p:image

会場は埼玉県庁の向かいにある建物です。

f:id:k-est:20180802080211p:image
写真は埼玉県庁ですが、まるで工事中かのようです。しかし、よくよく見たら足場ではありませんでした。意匠的なものですかね。センスが良いかどうかは微妙です。


受講手数料は7,000円。結構高いですが、テキストが配られるのでその代金が含まれています。

f:id:k-est:20180802080325p:image

講習は、午前中に「法令関係」、午後「技術関係」、そして最後に「効果測定」を受けて終了となります。丸一日ひたすら座学でした。

 

効果測定は6問で、四択問題です。仮に0点でも免状の更新には差し障りはありません。私は一応6問中5問正解でした。ほぼ当てずっぽうでしたが、私の勘はどうでもいい時に冴えるんです。


そして新しい免状は講習終了後、すぐに配られます。

f:id:k-est:20180802080336p:image
※顔写真含めて個人情報は全て消しています。


今回の更新では顔写真は古いままでした。10年間は最初の写真を使い続けるようです。次回の更新時に書き換えです。


正直、この資格、個人的には要らないです。更新時に丸一日潰れるのが面倒なだけだったりします。しかし会社で取らされたやつなので失効させる訳にもいかず、仕事と割り切っています。