+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

重要事項説明と売買契約

本日、大雪の中、マンションの売買契約を締結してきた。☃️

 

契約を締結した場所は、仲介している不動産業者の事務所となる。その事務所まで、歩いて5分くらいで行けるので、大雪でもさほど苦ではないが、オーナーは電車を乗り継いで来るので大変だったと思う。

 

10時からスタートして、まずは「重要事項説明」が宅地建物取引主任者によって始まった。

 

私も宅建を持っているが実務経験皆無なので、今日の重要事項説明(以下、重説)はこういう感じなんだと大変参考になった。ちなみに重説は宅建主任者の独占業務なので、宅建を持ってないと出来ない。

 

重説の内容はだいたい下記の流れで、基本フォーマットに沿って説明する感じだった。

  • 宅地建物取引業者
  • 説明をする宅地建物取引主任者
  • 取引態様
  • 供託所に関する説明
  • 売主
  • 不動産の表示等
  • 都市計画法・建築基準法の法令に基づく制限の概要
  • 私道の負担に関する事項
  • 当該宅地建物が造成宅地防災区域内か否か、土砂災害・津波災害区域内か否か
  • 建物についての石綿使用調査結果の記録に関する事項
  • 建物の耐震診断に関する事項
  • 水・ガス・電気の整備状況
  • 建物又はその敷地に関する権利及びこれらの管理・使用に関する事項
  • 代金・交換差金及び地代に関する事項
  • 代金・交換差金以外に授受される金銭の額及び授受の目的
  • 契約の解除に関する事項
  • 損害賠償額の予定又は違約金に関する事項
  • 手付金等保全措置の概要
  • 支払金又は預かり金の保全措置の概要
  • 金銭の貸借に関する事項

時間は大体一時間くらいかかり、途中で眠くなったのは言うまでもない。

 

その後、オーナーが来られて「売買契約書」の読み合わせと「設備表」の現況確認を行い、最後に全ての書類に実印にて押印し、無事契約終了となった。

 

その流れで、保険についての説明も少しあり、重要事項説明〜売買契約、保険説明でトータル3時間ほどかかった。

 

最後に書類関係を一冊のファイルにまとめて貰った。(写真は裏側となる。表側は不動産業者名が入っているので…)

f:id:k-est:20180913083353j:image

なかなか立派なファイルだ。

 

次回以降の予定は、来週末に銀行へ行き、住宅ローンの「本契約」と「決済・引渡日」になる。決済・引渡日は今月の20日にしたので、銀行でもう一度オーナーと鍵の受け取りなど最後のイベントがある。と言っても既に賃貸で私が住んでいるので、オーナーが持っている鍵を返してもらうだけとなる。

 

契約後に近くの喫茶店にて一服。☕️

f:id:k-est:20180913083515j:image