+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【愛用品】CROCKETT&JONES クロケット&ジョーンズ WEYMOUTH ウェイマウス

どーもESTです。

今日はクロケット&ジョーンズのホールカット「WEYMOUTH ウェイマウス」をご紹介いたします。

f:id:k-est:20181122124021p:image

はい。いきなりシューツリーのサイズが合っていないため、シワがよってますね。

 

さて、クロケット&ジョーンズにはレギュラーラインと上級グレードであるハンドグレードラインが存在し、このウェイマウスはどちらのグレードかと言いますと、ハンドグレードラインになります。

 

レギュラーラインとハンドグレードの簡単な見分け方はインソックシートにあります。ロゴが違うんですよね。

 

レギュラーラインは金色の箔押しタイプのロゴですが、対してハンドグレードは型押しタイプのロゴになります。

f:id:k-est:20181122124325p:image

この靴、ホールカットのデザインは気に入っているのですが、不満なところが2点ほどあります。

 

第一にトゥ部分に傷があること。それを塗って補修しているのですが、色が合っていないため気になります。

f:id:k-est:20181122124434p:image

中古で安く手に入れた靴のため、前オーナーが履いていた際の満員電車やらの激戦の跡かも知れませんが、そもそも補修が適当です。トゥの少し色が濃くなっているところが補修跡です。

 

第二にベロがふにゃふにゃなこと。

f:id:k-est:20181122124552p:image

靴を履く際、片手でベロを抑えていないと爪先の方に巻き込んでしまいます。その時の不快感と言ったら…思わずチッと舌打ちしてしまうこと間違いなしです。ベロの片側を縫い付けてしまおうかと画策中です。

 

ちなみにサイズは6Eでピッタリです。

f:id:k-est:20181122124659p:image

足に吸い付くような履き心地はさすがハンドグレードラインと言えます。

 

まあ、既に色々痛んでいる靴なので、私も手放すかも知れません。。