+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【資格】1級建築施工管理技士 実地試験 受講

どーもESTです。

本日、1級建築施工管理技士の実地試験を受けてきました。と言うか今もまだ試験時間中です。試験は13時〜16時なので…。私は途中退出して帰宅途中なんです。はい。


ちなみに試験会場は明治大学和泉キャンパスでした。まったく同じ時間帯、同じ大学で宅建の試験もあり、明大前駅から明治大学に向かう道は施工管理技士と宅建を受ける受験生と、道中立ち塞がる資格学校の刺客でごった返していました。

 

そして私の試験の出来栄えはどうかと言うと、完全に当てが外れてしまいました。

 

実地試験は問1〜問6まであり、問1が経験記述問題で一番配点が高い問題です。この問1が出来ていないと残りの問題をいくら頑張っても結果が出ません。

 

そしてこの問1ですが、過去10年間、三つのテーマを元にローテーションで出題されていました。直近のテーマは下記の通りです。

 

H27 建設副産物
H26 品質管理
H25 施工の合理化
H24 建設副産物
H23 品質管理
H22 施工の合理化

 

パターンが定型化していますので、これを見れば今年は間違いなく「施工の合理化」だと思い、私はそれしか考えてきませんでした。こればっかりは誰でもそう思うハズです。

 

しかし世間は甘くありません。なんと今年のテーマは「品質管理」でした。

 

違うテーマで出題されるなんて毛ほども思っていなかった私は過去の品質管理の記述例に目すら通していませんでした。

 

当然、問1から頭真っ白です。

くらくら目眩がし、そのまま固まること数分。とりあえず問1は飛ばしました。

 

問2から始め、問1は最後に考える作戦に切り替えです。幸い問2以降は想定していた傾向の問題が多かったです。

 

そして問2から問6を片付けて白紙の問1へ。

とりあえず白紙のままはイカンと思い、合理化記述で用意してきたことを書き始めなんとかこれを品質管理に変換して……書いては消して、書いては消してを繰り返し解答用紙が薄汚れてきた頃、なんとか書き終えました。

 

ちょっとこじつけ感が隠しきれませんが、致し方ありません。そして、開始から2時間弱。試験終了まであと1時間以上ありますが、途中退出して帰ることにしました。


途中退出すると問題を持ち帰ることが出来ませんが、記述問題の実地試験はマークシートに比べ自己採点しずらいので持ち帰らなくてもいいかな、と考えた次第です。


最後に、実地試験の勉強は日建学院に通おうかと以前考えていましたが、結局通うのをやめて独学で過去問をやりながら勉強しました。

 

その結果、読みが外れてしまったのでなんとも情けない話しです。実は頭の片隅に合理化対策だけで大丈夫かな…という思いも少しはありました。

 

ここ10年間は三つのテーマが順番にローテーションしていましたが、やはり10年前にテーマが乱れた時があり、そろそろ順番やテーマ自体を変えてくるのではないかという思いがほんの少しだけあったんです。でもまさか大丈夫だろう、仕事も忙しいし最低限の対策でクリアしてやろうとの考えから合理化以外のテーマを捨ててしまいました。

 

まあ、すべて後の祭りです。合掌。。🙏