+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

1級建築施工管理技士 受験申込と今年予定している資格試験について

今日から1級建築施工管理技士の受験申込が始まり、さっそくホームページからインターネット申込を済ませた。

 

このインターネット申込が出来るのは再受験者のみとなる。初受験者は申込書を書いて送る必要がある。私の場合、1級建築施工管理技士は2年前に受験申込だけして、未受験だったことがあり、今年改めて受験し直すことにした次第である。

 

いまのところ、学科に関しては特に勉強するつもりはなく、せいぜい試験の直前に過去問を少しやるくらいだろうか。あまり合格に執着しておらず、大して勉強しないで学科を突破したらラッキーくらいな気持ちでいる。実地までいったらさすがに勉強する。

 

ところで、1級建築施工管理技士以外にも今年いくつか資格試験を受ける予定なので宣言しておきたい。

  • 1級建築施工管理技士 → 学科6月12日、実地10月16日
  • 一級建築士 → 学科7月
  • 建築・設備総合管理技術者 → 講習11月
  • 第一種 衛生管理者 → 受験月未定

一級建築士は、昨年からの引き続きのチャレンジとなる。

 

建築・設備総合管理技術者は民間資格で、講習を受けるだけだが、この講習を受けるための受験資格が厳しく、今年なんとか受験資格に達するので、受けようかな…なんて考えている。講習費用が高いので、まだ未確定。


第一種衛生管理者については、社命で受けないといけなくなりそうだ。一応、国家資格だが、試験は年一ではなく頻繁にやっているので、他の試験のタイミングを見ながらの受験になる。

 

そして、昨年一次試験に合格した技術士については、二次試験の受験資格があるのかよく分からないのと、一級建築士と同時進行で出来るレベルでもないので今年は見送ることにした。