+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

エスキースって何ぞや?

どうもESTです。

 

二級建築士の製図試験の勉強に取り掛かると「エスキース」という単語がすぐに出てくる。

 

恥ずかしながら、この「エスキース」が何なのか私には分からなかった。まあ、少しテキスト読んだらすぐ理解は出来たのだが、私のように「エスキースって何〜?」っていうご同輩のためにメモっておきたい。(そんな人いないかな…

 

エスキースとは!

作図に入る前に、要求課題を元にどういうプランにするかを考える検討資料のこと

 

語源はフランス語の「esquisse」で、美術用語的には下絵のことらしく、建築製図での意味合いとしては、「エスキース」は主に下記の内容になる。

  1. 敷地面積内に「建物の計画可能範囲」と「アプローチ」の設定
  2. 人の動線と部屋の配置を考える「機能図」の作成
  3. 上記の「計画可能範囲図」、「アプローチ」、「機能図」を元に「プランニング図」を作成

 

「プランニング図」が出来て、要求課題をクリアしているのを確認するまでの、作図に入る前の重要な作業と言える。 _φ(・_・