+αな暮らし

建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムや読書について綴っています。

【愛用品】Berluti ベルルッティ ALESSANDRO アレッサンドロ スエードシューズ

どうもESTでございます。

今回は革靴の話しです。このBlogでもたびたび登場する革靴界の至宝「Berluti ベルルッティ」の靴について書いておきます。

 

ベルルッティはフランス🇫🇷のブランドで、同じくフランスの「AUBERCY オーベルシー」「Corthay コルテ」と並んでABC御三家などと呼ばれています。

 

さて、今回はこのベルルッティからスエードのホールカットをご紹介します。

 

今回ご紹介する靴は、元々雨用のスエード革靴を探すために色々ネットを徘徊しているときにオークション上でたまたま見つけた靴になります。

 

 

f:id:k-est:20181110180610j:image

未使用品でシューツリー付き。お上品な色をしたスエード靴。なんかビビっと来たんですよね⚡️😵

 

でも、レザーソールなんで雨靴としての条件は満たしていませんでした。そのため、雨靴としてはパラブーツのアンデルセンを別に購入しています。

 

 

さて、この靴ですが、前述の通り私が購入する前の出自は不明です。

 

形状がホールカットのためか、出品タイトルに「ALESSANDRO アレッサンドロ」と書かれていましたが、本当にアレッサンドロの派生モデルかも不明です。

 

通常、アレッサンドロは3アイレットですが、この靴は5アイレット。しかし5アイレットのアレッサンドロも確かに存在はしていました。

f:id:k-est:20181110180549j:image

そしてこのアレッサンドロらしからぬ丸みを帯びたデザイン。

f:id:k-est:20181110180536j:image

カラーはダークブラウンで使いやすい色と言えます。革質はなかなか良くて、しっとりとした毛足の短いスエードです。いつまでも触っていたくなる肌触りとはこのこと。ハァハァ(;´д`)

f:id:k-est:20181110180559j:image

f:id:k-est:20181110180554j:image

自分で調べてもよく分からなかったので、前オーナーさんにこの靴の情報を色々教えて貰ったものの、それらも全て推測の域を出ず、結局は不明。前オーナーさん曰く、推測の範囲内で、この靴が製造されたのは2007年前後ではないか、とのこと。その頃にアレッサンドロのスエードモデルが合ったようですね。

f:id:k-est:20181110180602j:image

未使用品のため、レザーソールは綺麗です。ヒドゥンチャネル仕上げですが、ロゴは無し。サイズが6と刻まれているだけです。

購入後、北浦和のGatoさんに持ち込みアンティークスチールを取り付けて貰いました。

f:id:k-est:20190203215417j:image

ラウンドトゥの形状的にトライアンフもいけそうでしたが、ベルルッティにトライアンフは似合わない気がして、あえてアンティークスチールにしています。

 

インソールを見ると靴内部に縫い糸が見えるので、いわゆるマッケイ製法です。

f:id:k-est:20181110180539j:image

ヒールにベルルッティのロゴが入ったラバーが付いており、このタイプは初めてみました。

 

そして、おそらくこれが一番のヒントになると思われるのが、インソックシートのロゴ。

f:id:k-est:20181110180607j:image

f:id:k-est:20181110180615j:image

金色の箔押しタイプで、Berlutiのロゴの下に「MADE IN ITALY」と書かれています。これまた初めて見るタイプのロゴです。

 

フランス🇫🇷ブランドであるベルルッティですが、製作はイタリア🇮🇹の「STEFANO BI ステファノ ビ」にOEMしていたのは有名な話しですね。

 

さらにライニングの表記。

f:id:k-est:20181110180531j:image

ライニングに直に数字が書かれており、読み取れるのは「7362」「6」「379」の3種類の数字。6はサイズなので、7362か379が型番(品番)とラストNo.と推測するのですが、この書き方も個人的にはステファノビっぽい感じがします。

 

続いてシューツリーを見てみます。

f:id:k-est:20181110180544j:image

f:id:k-est:20181110180624j:image

シューツリーにはベルルッティのプレートが貼られているものの、残念ながらそれ以上の情報はありません。今のベルルッティに比べると丸っこいデザインで、ツリーの形状はクラシックみたいですね。

 

 

以上、色々推測してはみたものの、結論としてはよく分からないです。なんとなくステファノビ製の靴ではなかろうか、と言うのが見解です。

 

どなたか詳しい方、情報プリーズです🙇‍♂️