+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【愛用品】EDWARD GREEN エドワードグリーン TROON トルーン

どーもESTです。

この所有靴を紹介するシリーズ。なんだかんだ数えてみると今回の記事で30回目になりました。

その映えある30回目は「EDWARD GREEN エドワード グリーン」からシングルバックルドの「TROON トルーン」を紹介します。

f:id:k-est:20180901110200j:image

さて、まずはいきなりですが、ライニング&インソックシートの写真から。

f:id:k-est:20180901110217j:image

見ての通り、インソックシートのロゴはMADE BY表記なしの金囲みブロック体です。このロゴを使用していたのは90年代以降の新工場製時代で、90年頃〜2004年頃と思われます。逆算するとかれこれ28年〜14年くらい前の靴になります。

この時代のEGはTROON以外に、もう一足NEWBURYを所有していますが、残念ながら、どちらも革質がイマイチです。

 

ライニングの丸窓に書かれている「6 1/2/7 D」はサイズです。UKサイズとUSサイズが併記されているのはEGの特徴ですね。「606」は木型(ラスト)No.です。この606ラストはEGの代表的な202ラストをベースに一回りゆとりを持たせた作りで、私の足に合っているようで履きやすいです。

f:id:k-est:20180901110320j:image

デザインは見ての通り、プレーントゥのシングルバックルド。モンクストラップともいいます。

f:id:k-est:20180901110345j:image

金具部分はゴムになっており伸縮するためベルトを留めやすく実用的。

f:id:k-est:20180901110403j:image

靴の色は見ての通りライトブラウンです。個人的にはもう少し濃い目のブラウンが好みなので、濃いクリームを塗りこむことで色を付けていこうかと画策中。

f:id:k-est:20180901110425j:image

ソールは元々レザーソールのヒドゥンチャネル仕上げでしたが、先日、靴修理店でビブラムエクスプローションラバーを貼って貰いました。

以前はレザーソールにはヴィンテージスチールだけを取り付けるのが私の定番でしたが、最近は考え方が変わってきて、靴の耐久性アップと滑り止めのダブル効果を狙ってハーフラバーを貼るようになりました。実際に滑るのはヒールなので、滑り止めにはトップリフトもラバーにするとより効果があります。

f:id:k-est:20180901110514j:image
そして、専用シューツリーはやはりイイ❗️

f:id:k-est:20180901110527j:image

やはり靴の色が明る過ぎてビジネスでは少し使い辛い。。