+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【愛用品】JOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドン Bespoke ビスポーク

どーもESTです。

先日、大変珍しい仕様のヴィンテージ ジョンロブを入手しましたのでご紹介いたします。

 

その珍しい仕様というのは、アッパーの素材がオーストリッチ(ダチョウ革)なのです。

f:id:k-est:20180825211117p:image
f:id:k-est:20180825211217p:image
f:id:k-est:20180825211133p:image

パッと見で異様な存在感を発揮しています。オーストリッチの特有ではあるのですが、革の表面がボコボコしており、これはクィルマーク(丸い突起模様部分)と呼ばれています。

f:id:k-est:20180825211232p:image

オーストリッチであれば必ずクィルマークがあるという訳ではなく、オーストリッチでも限られた部位でしかこの革は取れません。それだけ厳選された革を使用しているということが分かります。

 

また、デザイン的な特徴として気に入ったのがストラップ部の二つ目です。まるでオーベルシーのルパンのようです。この二つ目タイプは本当に目みたいなデザインなので気に入っています 👀

 

そしてこちらのシューズ、ビスポークの為、サイズ表記がありません。ただしシューツリーは6サイズが使われています。

f:id:k-est:20180825211258p:image

ビスポークのシューツリーなので、調整可能なバネ式ではなく、専用品です。

f:id:k-est:20180825211308p:image

アウトソールのサイズを測ると、左足が 約290mm×約95mm、右足が約285mm×約97mmとなっており、ビスポークならではの左右で若干サイズが違います。ウィズ狭めの6〜6 1/2と言った感じです。

ソールの材質はシングルレザーソールで、ヒールトップはレザー×ラバー(PHILLIPS ’SPECIAL’)を使用しています。

ウエスト部はかなり絞り込まれていますね。

 

製法は当然ハンドソーンウェルテッドです。ジョンロブのビスポークなので、おそらくオーダー時は80万円くらいだったかと思います。

ヴィンテージ品ということもあり、残念ながらダメージもあります。

f:id:k-est:20180825211358p:image

左の履き口、ストラップ付近に裂け部分があるのです。上の写真がその部分ですが、補修するためには、ストラップの両サイドのステッチを外し、裂け部分の裏に革あてをして再度縫い直すという処置が必要になります。放っておくと履くたびに裂け部が広がる危険性もあります。


それ以外には致命的なダメージはなく、ストラップの補修さえすればまだまだイケる!と踏んで購入したのです。

 

が、

実際に届いたシューズを履いてみたら、ウィズがキツかったです。


長さ的には申し分なかったので非常に残念でなりません😭

そのため、手元に届いたばかりではありますが、泣く泣くオークションで出品することとしました。出品にあたり、インソックはアルコールで拭き上げ、アッパーはタピールのレーダーオイルで磨いておきました。アウトソールについてもレーダーソールフレーゲで手入れしておきましたので、私が入手したときより艶々した状態です。(写真は全て手入れ後のものです。ご参考まで)

 

さて、この靴についてもう少し紹介しておきます。

f:id:k-est:20180825211510p:image

インソックシートはつま先までの一枚モノで、筆記体でジョンロブのロゴと、英国王室御用達のロイヤルワラントが箔押しされています。

ジョンロブはロイヤルワラントが三つの時期と二つの時期がありますが、この靴は二つになります。

 

また、ジョンロブにはジョンロブ ロンドンとジョンロブ パリがあり、ジョンロブの既成靴は全てジョンロブ パリのものになります。また、ビスポークに関しても通常はジョンロブ パリになり、ジョンロブ ロンドンはイギリス国内のみでビスポークの注文を受ける工房ですので、この靴がいかに希少かというのが分かるかと思います。

 

オークションには、手数料を考慮した上で低価格設定で出品していますので、気になる方はぜひ見ていただければと思います。検索で「ジョンロブ ビスポーク」と打てばヒットします。