+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【愛用品】EDWARD GREEN エドワードグリーン NEWBURY ニューバリー

どーもESTです。

今回ご紹介する所有する革靴は「エドワードグリーン」のホールカットシューズ「NEWBURY ニューバリー」です。

 

私的にホールカットのデザインは大好きです。革靴のデザインの中で一番好きと言っても過言ではありません。シンプルゆえに妙な色気があるとこがいいですね。それはこの「ニューバリー」にも当然当てはまります。

f:id:k-est:20180825171457p:image

さて、まずはエドワードグリーンというブランドについて少し書いておきます。と言っても革靴好きなら知らない人はいない有名ブランドですが…エドワードグリーンはイギリス・ノーザンプトンに本拠を置く靴メーカーで創業は1890年。創業者は当然エドワードグリーン氏です。どこのブランドも、創業者の名前をそのままブランド名にすることが多いです。

エドワードグリーンは1930年代の大戦期に軍需分野で力を伸ばし、英国空軍向けブーツで最大規模を誇るまでになったものの、戦後は徐々に経営が悪化。1977年には創業者の息子たちの手によりアメリカ資本へ売却される。

その後、イタリアで靴デザイナーをしていたジョン・フルスティック氏がエドワードグリーンの負債+1ポンドの金額でブランドを買収したのは有名な話だ。そして1983年、社長に就任したフルスティック氏はブランドの再建に着手する。

その後、ジョンロブのライセンス権を持っていたエルメスがエドワードグリーンに買収を持ち込み、フランス進出のきっかけを探していたグリーンはエルメスと手を組むことになる。しかし、結果としてフランス進出は叶わず、逆に経営悪化に陥りエドワードグリーンは自社株をエルメスに売却することとなってしまう。そして工房もラスト失ったエドワードグリーンはしばらくの間、グレンソンやクロケット&ジョーンズに製作を委託することとなる。

それでもエドワードグリーンは長年付き添ってきた職人達と新たに工房を構え再興を目指し、2004年からはトニー・ガジアーノ氏をデザイナーに迎え本格的な復活を果たすこととなる。

余談ですが、このトニー・ガジアーノ氏こそが、現在のガジアーノ&ガーリングの創業者の一人です。そんな紆余曲折を経て、現在の高級革靴ブランドとして確固たる地位を取り戻したエドワードグリーンのホールカットシューズ「ニューバリー」が今回の主人公です。

f:id:k-est:20180825172928p:image

見ての通りのもっちもちのお肌です。ものすごく柔らかな革質で履きやすさ抜群です。

f:id:k-est:20180825172953p:image

トゥと後部の腰革部分に染めムラがあるのが少し残念です。

f:id:k-est:20180825173015p:image

アウトソールはレザーソールで縫い糸を隠すヒドゥンチャネル仕上げです。つま先はすり減ってきていたので一度ラバーで補修しています。

f:id:k-est:20180825173028p:image

インソックのロゴはブロック体の金文字+囲み付きのタイプです。当然囲み内にMADE BYの表記はありません。囲み内の一番上の段にMADE BYが書かれているものは、いわゆる旧工場時代の逸品になり、今となっては希少性が増して程度の良いものはコレクター垂涎の靴となっています。

f:id:k-est:20180825173050p:image

現在のエドワードグリーンでは当たり前ですが、ライニングには丸窓が付いており、上段に 6 1/2 /7.E 606 、下段に 23116 と書かれています。上段の6 1/2がUKサイズで7がUSサイズ、Eはウィズですね。そして606はラスト(木型)No.です。下段は…商品番号ですかね⁉️

 

さて、606ラストについて少し書いておきますと、エドワードグリーンの基本ラストとでも言うべき202ラストをベースに、ゆったりとったセミスクエアトゥのラストが606です。私の足に意外と合うようで履きやすいです。


現在、エドワードグリーンの靴はストラスブルゴのHPを見ると16万円台〜20万円弱しており革靴としてはかなり高額の部類と言えます。正直、そこまでの価値があるのかどうかは疑問です。同じ値段を出すのであれば、さらに少し高いですがジョンロブ やガジアーノ&ガーリングの方が質が良い気がします。

 

余談ですが、この「ニューバリー」は以前見ず知らずのお婆さんから「あら、素敵な靴ですね👵」と言われたことがあります。そんな事言われたのはこの靴が始めてです。

f:id:k-est:20180825173849p:image