+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

自宅マンションの決済・引渡し

本日、マンションの売買契約の最終イベントとなる決済・引渡しを行なってきた。

 

イベント日は大雪というジンクスを破り、なんとか天候に恵まれた。

 

決済・引渡しの場所は、住宅ローンを組んだみずほ銀行となる。そこに、私と売主であるオーナーと不動産屋の営業担当、そして司法書士の先生が集まり決済作業と引渡しの儀を行った。

 

まず決済だが、オーナーへ売買代金の残金支払い(契約時に手付として100万円を支払っているので、残りの分)や不動産屋への仲介手数料、司法書士への依頼費などの銀行の払い出し伝票にサイン、捺印するだけで、あとは銀行の方が振込や現金での引き出しをやってくれる。

 

お金のやり取りが終わってから、印字された通帳を見たら、当たり前だが残金がほとんど無くなっていた。銀行からの融資金が入ったと同時にオーナーへ振り込まれたので、正に一瞬だけのお金持ち。切な過ぎる…

 

感傷に浸る間もなく、そのまま引渡し手続きに入った。引渡しと言っても私の場合は賃貸で借りて住んでいたので、オーナーが控えで持っていた鍵を貰うのと、設備類の取扱説明書などを貰っただけなので、すぐ終わってしまった。

 

決済・引渡しにかかった時間は1時間弱となる。

 

全ての手続きを終え、オーナーは軽く挨拶をして帰り、司法書士の先生は法務局へ登記をしに行き、そして不動産屋の営業は私とオーナーからの仲介手数料(現金で100万円以上)を持ち「ありがとうございました〜😁」と満面の笑顔でそそくさと帰って行った。

 

最後はなんともあっさりした感じだったが、これにて昨年から続いた私の家探しは終了となる。

 

いずれ、一戸建てが欲しくなり家探しを再開するかも知れないが、その時はまたこのBlogでつらつらと綴っていきたいと思う。

 

不動産購入申込から不動産売買契約、そして住宅ローンの借入契約までの記事のリンクを下記に貼っておく。興味のある方はリンクよりご覧下さい。