+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

2014年 モレスキン手帳

どうもESTです。

 

2014年度の手帳を買った。今回選んだ手帳は2013年度と同じで「モレスキン マンスリーノートブック/ソフトカバー/黒/ラージサイズ」になる。

f:id:k-est:20180803084456j:image

モレスキンと言えばハードカバーのイメージが強いが、黒のラージサイズのマンスリーとなると、なぜかソフトカバーしかない。

 

中身は2014年1月〜12月までで、見開き2ページで1ヶ月分。カレンダーのようなブロック型で、ひと目で月間の予定をチェックできる。

 

以前はウィークリーを使っていたが、2013年からひと目で月間の予定を俯瞰的に眺められるマンスリーにしている。

 

また、この手帳は各月ごとに見開き2ページの横罫ノート、そして、後半には73ページの横罫ノートがあるので、打ち合わせ時などのメモスペースとしても重宝している。

 

大切な日や予定に印を付けられる、225片の各種ステッカー(グレー・黄緑・赤の3色/3シート)も付属しているが、これは個人的には要らなくて即捨てている。私としてはステッカーは不要なのでその分値段を下げて欲しい。(モレスキンは高い!)

 

そして、そんなモレスキン手帳に被せるカバーとして、大阪の「馬場万鞄店」のモレスキン用カバーを愛用している。(ちなみにこれも高い!)

f:id:k-est:20180803084757j:image

このカバーはヌメ革を使用したナチュラルな色合いと、吸い付くような素晴らしい手触りが特徴だが、薄い色合いのため、どうしたって汚れは目立ってしまう。しかしそれもまた味と考え割り切っている。

 

このカバーを使いはじめて丸二年になる。なかなか風格のある感じになってきたのではないだろうか。

f:id:k-est:20180803084732j:image

 

最後までお読みいただきありがとうございます。次の記事でまたお会いしましょう。👋