+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

一級建築士《計画》「アフォーダンス」とは一体何なのか?

どうもESTです。

計画の問題でアフォーダンスについて問う問題があります。

f:id:k-est:20201113193333j:image

 

この問題の正解は×になるのですが、解説を読んでもいまいちイメージが湧きません。

解説

アフォーダンスは、環境に対して動物が関わることで、環境においてある状況が生まれるという考え方である。

 

What's(・・?)

この解説を読んで「なるほどね」ってなる人いるんですかね? 私がアフォなだけかも知れませんが、イメージ湧かないのでネットで調べてみました。

 

我らがWikipedia先生によると、

アフォーダンス(affordance)とは、環境が動物に対して与える「意味」のことである。アメリカの知覚心理学者ジェームズ・J・ギブソンによる造語であり、生態光学、生態心理学の基底的概念である。「与える、提供する」という意味の英語アフォード(afford)から造られた。

とあります。

先ほどの質問の解説よりかは少し分かりやすくなりました。それでも「環境が動物に対して与える意味」とは何なのか?こういうのは事例を見た方が良いです。

 

上記のサイトが分かりやすくて参考になります。

 

蛇口のハンドル(回す)、取っ手のない平な金属板が付いた扉(押す)など、説明しなくても、その物自体が持つ形状が使い方を明示している、というのがアフォーダンスの考え方ということですね。やっとイメージが湧きました。

 

しかしながら、建築士問題の解説で「環境に対して動物が関わることで、環境においてある状況が生まれるという考え方」というのはホント分かり辛い説明ですよね。書き方もさることながら「動物」と書いてるのがより分かり辛くさせてますね。こと建築士の問題に対する解説としては「人間」でええやろ、って思います。

 

 

お読みいただきありがとうございます。次の記事でまたお会いしましょう。👋

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】