+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

二級建築士 H26年度の設計課題発表!

你好!今回は海外出張先(中国🇨🇳)からの投稿となる。

 

さて、いよいよ今年の二級建築士 設計製図課題が発表された。


今年のテーマ(課題)は、

介護が必要な親(車椅子使用者)と同居する専用住宅となる。

おっ!専用住宅だ!併用住宅じゃない、ラッキーと思ったのも束の間、要求図書を見ると…

  • 1階平面図兼配置図
  • 2階平面図
  • 立面図
  • 断面図
  • 2階床伏図兼1階小屋伏図
  • 部分詳細図(断面図)
  • 面積表
  • 仕上表
  • 計画の要点

えっ⁉︎ なんか多くね? 1階2階平面図は必ずあるとして、立面図に断面図に床伏兼小屋伏図に部分詳細図って…部分詳細は矩計図のことかな。通常より一枚多い。しかも仕上表まで書かないといけない。仕上表はいままでRC造にしかなかったのではなかろうか。。

 

総じて今回の課題は、プランはシンプル目で、作図重視ということが分かる。これは制限時間がかなり厳しくなりそうだ。(ただでさえ最端製図の課題ではいつもタイムオーバーなのに)

 

《追伸》

出張先の中国がFBやTwitter、ブログ等の規制がかかってて普通にWi-Fiで繋ぐだけでは見れなくて投稿出来ないため、今回の記事はBlueSurfaceというVPNサービス(お試し無料版)を使って投稿してみた。