+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【資格】二級建築士「製図」試験勉強記録 Part.1(通信添削講座、最端製図.com前半戦:1月〜6月編)

こんばんは。ESTです。

毎度恒例となりつつありますが、無事に合格した試験の勉強記録をまとめておきます。


今回は、二級建築士製図試験です。

私はこの方法で無事に一発合格しました。少しでも他の方の参考になる部分があれば幸いです。今回の記事は長いので二回に分けての投稿です。一回目は1月〜6月までの前半戦の記録になります。

 

学科試験については、昨年(2013年)独学で勉強し、無事に合格しましたが、昨年は製図試験は受けませんでした。学科の施工科目が足切り点の13点以下だったため、落ちたと思っていた(結果として、高難易度だったことから、足切り点が下がり合格できましたが)のと、全くの図面素人のため、受かったとしても学科終了後の二ヶ月程度勉強しても無理だと思ってパスしました。

 

【CONTENTS】

 

最端製図.com申し込み

そんな今年、製図試験は通信添削講座を受けることにしました。受講することにした講座は「最端製図.com」という講座です。

この講座はネットで調べて見つけました。受講のきっかけは口コミ評判が良かったからです。それと、N学院やS資格に通うのに比べると費用がだいぶ安いのも決め手でした。

 

申し込みは、2014年の年明け早々にネットで行いました。1月〜6月までの前半戦(講座費用:45,000円)と6月以降の後半戦(講座費用:60,000円)に分かれており、1月の段階では、まだ前半戦しか申し込みが出来ません。

 

私は図面を全く描くことの出来ない素人のため、前半戦から受講することにしました。

教材は申し込みをしてから数日で送られてきます。

 

 

テキスト熟読

製図試験で使う道具類についてもネットで買い揃えました。道具についても何も持っていなかったので、シャーペン、テンプレートから買いました。製図板だけは取引先からの借り物です。製図板は値段が高い上、試験が終わったら全く使わないので、買わずに済むのであればそれに越したことはありません。

 

そして、教材が送られてきた1月中旬からいよいよ勉強スタートです。


まず、製図試験対策の初心者向けテキストである「最端エスキース・コード」(前半戦の教材とは別売りで3,360円)を読むことから始めました。

f:id:k-est:20180930190419j:image

1月はほぼこのテキストを熟読したのみで終了。この「最端エスキース・コード」は、本番試験の9月まで時々読み直したりと重宝しました。製図試験について大事なことがたくさん書かれています。逆に不要なことは書かれていませんので、隅々まで熟読すべし書です。

 

その後、まず一番最初にやるのは練習課題です。

 

 

練習課題 取り組み

練習課題の作図は「エスキース・コード」を読み終えた2月から開始しました。

 

また、前半戦の教材の中に製図テキストの「ドローイング・コード」がありますが、これは図面の描き方についての本なので、前もって読んでおく必要はありません。実際に図面を書くときに見れば良いです。実際、私は練習課題については、この「ドローイング・コード」を見ながら描きました。

 

ところで、この練習課題、練習と言いながらも中身は本番試験さながらの設計課題が一枚とプラン図作成用のエスキス用紙(下書き用紙)が一枚入っているのみです。(作図用のA2用紙は教材と一緒に最初に送られてきます)設計課題は、試験そのままといった感じで設計条件や要求される設計図書が書かれています。

 

そんな練習課題のテーマは、
料理が好きな母と暮らす専用住宅(木造2階建)」でした。

 

私のような素人に、正直いきなり作図はキツかったです。練習だからと、もっと簡単なものを想像していたのですが、そんなに甘くはありませんでした。

 

ただし、この練習課題はエスキース(プラン図)に関してはホームページからダウンロードでき、それを元に作図するようにとの指示でしたので、自分でエスキースしなくても作図へ進むことが出来ます。できればエスキースも自分で行いダウンロードしたプラン図と比較して下さい、と書いてありましたが…私にはそんな余裕があるはずも無く、見本のプラン図を元に作図のみすることにしました。

 

前述のとおり、図面の描き方がまったく分からないため、製図テキストの「ドローイング・コード」を読みながら描いていきました。ちょっと描いては読んでを繰り返したため、ものすごい時間がかかりました。作図だけなのに9時間くらいかかったと思います。

 

作図の順番は「ドローイングコード」に従い、1階平面図→2階平面図→立面図→2階床伏図・1階小屋組図→矩計図という順番です。

 

で、なんとか2月中旬に作図が完了し、最端製図へ発送。一週間くらいしてから赤ペンを入れられた練習課題の添削戻しが届きました。

f:id:k-est:20180930190737j:image

気を付けながら描いたつもりだったのですが真っ赤っ赤です。

 

そして練習課題の戻しに、次の第一課題も同封されていました。

 

 

第一課題 取り組み

第一課題のテーマは、
二世帯住宅(木造2階建)」です。

 

今回から自分でエスキースをやりプラン図を作ってから作図せねばいけなくて、初めてのエスキースは本来なら50分程度で終わらすべきところを120分かかりました。

 

作図タイムに関しては、1階・2階平面図、立面図、2階床伏図兼1階小屋伏図、矩計図の合計5つの図面を描くのに約7時間かかりました。エスキースを含めると9時間ですね。本番試験は5時間しかありませんので、4時間タイムを縮めないといけません。この時点では4時間も縮められるのかと絶望しかありませんでした。

f:id:k-est:20180930190922j:image

3月中旬に、第一課題を最端製図へ送付後、すぐに同じ課題で2回目の作図に取り掛かりました。これは、一つの課題に対して一回しか作図しなかったら全然追いつかないだろうと思い、自主的な作図練習でした。

 

そして、2回目の作図が終わる前に、最端製図から第一課題の添削戻しが帰ってきました。素早い返信です。

 

第一課題は、練習課題に比べると赤ペンも少ない気がしました。(写真は撮り忘れていてありません)

 

ちなみに第一課題2回目のタイムは、同じプランでの作図にかかわらず5時間弱かかりました。及第点なのは立面図くらいで、あとは軒並みタイムオーバーです。


その後、次の第二課題が送られてきました。

 

 

第二課題&H25年度過去問課題 取り組み

第二課題のテーマは、
趣味を楽しむ専用住宅(木造2階建)」です。

 

3月下旬からエスキス&作図(1回目)の取り組み開始です。

そして、なんとか3月中に1回目の作図が完了し最端製図へ発送。要した時間は、エスキースや計画の要点、面積表を含めて6時間40分。まだまだかかります。


数日後、添削図面が戻ってきました。

f:id:k-est:20180930191055j:image

第一課題に比べると作図での赤ペンより、プランに対しての赤ペンが多かったです。

 

そして、戻し図面に同封されていた先生の見本図面をトレースする形で第二課題2回目の作図を始めました。


仕事が終わってからチマチマ描いて4月上旬に2回目の作図終了です。

 

今回は、平面図と床伏図をフリーハンドで描いてみました。平面図はフリーハンドでも描けますが、床伏図に関しては定規を使った方が早いし綺麗に描けることが分かりました。立面図と矩計図もフリーハンドで描くメリットはありません(せいぜい細かい部分で定規を使うのがめんどくさい箇所くらいですかね)

f:id:k-est:20180930191153j:image

第二課題を早めに終わらせたおかげで、次の第三課題まで多少時間があり、H25年度の設計課題である「レストラン併用住宅(木造2階建)」を自主的に取り組むことにしました。

 

併用住宅のエスキースは初めてやりましたが、やはり専用住宅に比べると難しく感じます。

タイムはエスキース、作図、面積表、計画の要点全て含めて6時間4分でした。

f:id:k-est:20180930191234j:image

そして、このH25年の過去問に取り組んでいる間に次の第三課題が送られてきました。

 

 

第三課題 取り組み

第三課題のテーマは、
喫茶店併用住宅(木造2階建)」です。

 

この第三課題の取り組みは苦戦して、エスキースの時点で面積計算を忘れ1階平面図が描き終わった段階で面積計算をしたところオーバーしていることが分かり、調整しきれず諦めてエスキースからやり直すことにしました。

2回目のエスキースも、結局は1回目と同じようなプランになりましたが、面積はクリアしました。

平屋部分が多くなってしまったため、立面図と小屋伏図が少し大変でした。

 

タイムは、エスキース含め5時間40分。まだオーバーしています。

第三課題をなんとかゴールデンウィーク前に終わらせ最端製図へ発送しました。戻しはさすがに連休が明けてからでした。

f:id:k-est:20180930191341j:image

この第三課題も赤字がたくさんです。直しの内容は主に平面図、梁伏図での細かいミスが多かったです。

 

第三課題の戻しがあってから数日後に第四課題が送られてきました。いつもの流れだったら第四課題に入る前に第三課題2回目の作図に取り掛かるのですが、第四課題は提出期限が短いこともあり第三課題2回目の作図はやめることにしました。

 

 

第四課題 取り組み

そして第四課題に取り組むこと一週間、五月病でテンション激落ちの中、ちまちま進めてなんとか締め日ギリギリの5月末に終わりました。


そんな第四課題のテーマは、
二世帯住宅(木造2階建)」です。

 

シンプルなテーマながら、慣れない特記事項があったせいで、これまた大苦戦。要したタイムはエスキース、作図合わせて6時間5分でした。6時間前後からなかなかタイムが縮まりません。だんだん焦りを感じてきます。

 

そしていつも通り数日後には添削戻しが届きました。

f:id:k-est:20180930191502j:image

あまり自信の無いプランでしたが、意外にも赤字は少な目でした。

 

主な赤字は、出隅部分の通し柱(○印)忘れと、計画の要点のダメ出し、あとは細かい記入忘れがちょこちょこと…。

 

そして、この第四課題を持って最端製図.comの前半戦は終了となりました。

 

既に後半戦は申し込み済みですので、後半戦の課題が送られてくるまでの間に、第四課題2回目の作図に取り掛かることにしました。

 

2回目の作図は先生の見本解答をトレースしただけですので、私にしては早く、エスキースなしの作図のみで3時間43分でした。エスキースを仮に60分でしたとして、トータルタイム4時間43分です。本番でもこれくらいで描ければいいなあ…と思います。実際にはトレースの場合、作図しながら考えることが無いので、やはり一から描くのに比べれば早く描けます。

 

そんな中、6月11日にいよいよ本番試験の設計課題が発表されました。

 

 

本番試験の課題発表

H26年度の本番課題は

介護が必要な親(車椅子使用者)と同居する専用住宅」でした。

 

要求図書は「1階平面図兼配置図、2階平面図、立面図、断面図、2階床伏図兼1階小屋伏図、部分詳細図(断面図)、面積表、仕上表、計画の要点」と、なぜか例年より一つ多かったです。また仕上表も今までは木造課題では無かったのですが、初登場しました。

 

総じて、プランはシンプル目で、作図重視の年だった感じです。

 

そして、前半戦の集大成として、6月20日(金)に最端製図よりシンクロ模試が送られてきました。

 

 

シンクロ模試 取り組み

これは、今年の試験課題である「介護が必要な親(車椅子使用者)と同居する専用住宅」を最端流に内容を想定して、本番試験と同じく5時間の制限時間を守って取り組むというもの。

 

原則、6月21日(土)もしくは22日(日)の11時スタート→16時終了と、本番試験に合わせたタイムスケジュールで行なうよう指示がありましたが、私は土日とも予定があったため、20日(金)〜22日(日)の夜に分割して取り組みました。もちろん制限時間の5時間は守りました。


結果は、エスキスから全ての作図、面積表、仕上表、計画の要点でジャスト5時間でした。なんとか時間内に完了しましたが、チェックする時間がないため、更なるタイムアップが必要です。

 

そのシンクロ模試の結果(解答)は6月末に送られてきました。

f:id:k-est:20180930191750j:image

結果は100点満点中66点。非常に微妙な点数です…。一番の減点は主条件でもあったスロープの記載漏れ。他にもちょこちょことミス有り。

 

合格ラインは70点以上とのことで、まだ駄目です。後半戦で巻き返しを狙うことを心に誓いました。

 

 

以上が、最端製図.comの前半戦(1月〜6月)の勉強記録になります。

 

後半戦(6月〜9月)は次回の投稿で紹介します。