+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

来年の手帳用にHUKURO A6カバーを新調

来年の手帳用にHUKUROのA6カバーを新調した。

 

元々、来年の手帳にはHERZのカバーを使う予定にしていたのだが、色々ネットで調べている内にやはりHUKURO製が良いかなと思い、買い直した次第である。

 

色は6色から選ぶことができ、ブラック(&黒糸)を選択した。

f:id:k-est:20221203200712j:image

 

届いたカバーにさっそく来年の手帳をセット。

f:id:k-est:20221203105008j:image

f:id:k-est:20221203104952j:image

やはりHUKURO製の栃木レザーは質感が良い。

 

実はHUKUROの手帳カバーはA5サイズを持っている。

この時は薄いキャンパスノートを2冊挟んで使用していたが、正直、使用感はいまいちで薄いノートとは相性が悪い感じがした。

 

しかし今回は厚手の「Hobonichi Techo Planner」をセットしたため、しっくり収まっている。

 

f:id:k-est:20221203105005j:image

金色の留め具にHUKUROのロゴが刻印されていてカッコ良い。👏

 

手帳本体をカバーに差し込む部分は下記の写真の通りとなる。

《左側》

f:id:k-est:20221203105001j:image

《右側》

f:id:k-est:20221203104955j:image

左右共にポケットがあるので名刺やメモなどを収納しておくことができる。

 

ちなみに価格は15,400円と、本革カバーとしては高くもなく安くもなくといったところか。まあ適正な値段ではなかろうか。

 

f:id:k-est:20221203104958j:image

HUKUROのロゴがカッコいい。

 

ブランド名に込めた想い ー

HUKUROというブランド名には「福路」いう意味があります。全てのアイテムに入ったブランドロゴの刻印。それは私達が作った証として。そして、使う人に「福路でありますように」という願いが込められています。(ホームページより)

 

少し使ってみて、質感、使用感ともに満足している。来年から本格的に使い始めるのが今から楽しみだ。

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】