+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

技術士 一次試験 合格証

12月16日、公益社団法人 日本技術士会のホームページ上に一次試験の合格者が発表された。

 

出社しパソコンを起動するなりチェック。無事に自分の受験番号を発見した。良かった。

 

技術士の一次試験はそんなに難しくなく、二次試験の方がはるかに大変なのは有名な話しだが、やはり一次試験を突破しないことには二次に進めないからな。。

 

そして二日後の今日、郵送で合格証が届いた。

f:id:k-est:20180730204833j:image

(個人情報箇所は消しています)

成績結果通知書も同封されていた。

f:id:k-est:20180730204845j:image

 

一次試験に合格すると「修習技術者」となり「技術士補」になる資格を有することになる。しかしながら技術士補となるためには、登録免許税15,000円+登録手数料6,500円を払う必要があり、結構な出費となる。

 

とりあえず技術士補への登録は見送ることにした。