+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

ガジアーノ&ガーリングの靴 染め替え

染め替えに出していたガジアーノ&ガーリングの靴が先日戻ってきた。

9月上旬に預けたので、約一ヶ月で作業が完了して戻ってきたことになる。

 

染め替えした靴はG&GのHOVEで、随分前にこのブログで紹介した靴となる。

f:id:k-est:20221011224652p:image

元の色はネイビーで、これはこれでカッコイイが、なかなか合わせ辛い色であった。ジーンズとか意外と合うが、どちらかと言うと仕事で履くことが多いため、合わせ辛いなあ…と前々から考えていた。

 

そのため、黒系のクリームで手入れをして、少しでも濃い目に出来ないかチャレンジしたりしていたが、元々顔料が強めの靴でウエスで拭き取ると塗ったクリームがそのまま拭き取れてしまい全然浸透しない革質であった。

 

それではと、プロに染め替えを頼むことにした。

 

依頼したのは目黒にあるBROSENT(ブロセント)となる。紳士革靴のオーダーシューズや、革靴の染替え、メンテナンス、修理の専門店で、こと革靴のリカラーには力を入れているようだ。

目黒まで持っていくのが面倒なため、基本メールでやり取りし、靴は宅急便で送った。

 

そしてこのネイビーの靴が…

f:id:k-est:20221011230016p:image

こうなった。👇

f:id:k-est:20221011230114j:image

見事なまでのブラック。どの角度から見ても…

f:id:k-est:20221011230239j:image

f:id:k-est:20221011230236j:image

f:id:k-est:20221011230244j:image

全くスキのない仕上がり。

 

今回の染め替えにかかった費用はキャンペーン中で安くしてもらい税込13,200円だった。金額に見合った仕上がり具合で、かなり満足度が高い。さすがプロの技。

 

f:id:k-est:20221011231254j:image

最初から黒靴だったとしか思えない。HOVEのブラックがこれほどカッコイイとは。。

 

見事HOVEの黒化に成功したので、他の靴もお願いしようと、またBROSENTとメールでやり取りをしている。そちらも仕上がったら改めて紹介したい。

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】