+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

製図試験.com 前半戦 シンクロニ模試 取り組み

一級建築士 製図試験に向けて通信添削講座の製図試験.comを利用しています。

 

いよいよ前半戦ラストのシンクロニ模試に取り組むときが来た。お題は「駅前に建つ図書館分館のある市民センター」となる。

 

シンクロニ模試は本番を意識して6時間半通しで取り組むというもので、製図試験.comでは会場を借りており、会場まで行って本番さながらの緊張感で取り組むこともできるが、私は普通に自宅で取り組んだ。

 

結果は…

f:id:k-est:20220704081151j:image

未完成。失格😭

 

ここからは言い訳語録になるが、まず問題が難し過ぎた。エスカレーターを2基設けるとか、2F部分が駅からペデストリアンデッキで接続されているとか(それによって階高も高い)、エスキースで3時間近くかかってしまいこの時点で詰んだ。。

 

計画の要点は35分、必然的に作図は3時間ピッタリしか取れず、見直し時間は0。この作図3時間も私は今のところ描けなくて、3時間でタイムアップしたのが先ほどの写真となる。平面図は什器類の書き込みが出来ておらず、トイレの衛生器具も1Fしか描けていない。断面図も途中で、面積表も書けていない。

 

エスキースで時間かかった分を多少、計画の要点でリカバリーしたが、感覚的にあと40分くらい必要だ。

 

なので!今回のシンクロニ模試で改めて再認識した課題としては作図時間の短縮とエスキースは2時間で終わらせないと厳しい!という事実。。いずれも分かっていた事ではあるが…

 

とりあえず、作図未完成だが、この作図はこのままとして、エスキースのプランニングで気になる部分があるので、そこを少し修正した上で改めて作図してみたいと思う。

 

《7月10日追記》

再作図した。👇

f:id:k-est:20220710144531j:image

3階のプランを少し修正したが、それ以外はほぼ変えていない。作図に要した時間は3時間20分。什器類、外構まで全て描いての時間なので今回は許容範囲と言える。

 

とりあえず製図試験.comに郵送し、添削をお願いすることにした。

 

《7月22日追記》

再作図の添削戻しが届いた。

f:id:k-est:20220722213103j:image

評価はA−。

だいぶ緩く評価してくれた感がある。

 

赤ペンは色々あるが、外部区画の考え方が完全に理解出来ていないことが分かった。もう一回ちゃんと整理する必要がある。それと、ペデストリアンデッキと建物を接続するブリッジを建蔽に含めるのが抜けていた。あとは細かい指摘がたくさん。

 

課題をたくさん残して後半戦へと続く。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。次の記事でまたお会いしましょう。👋

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】