+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

製図試験.com 前半戦 第三課題 取り組み

一級建築士 製図試験に向けて通信添削講座の製図試験.comを利用しています。

 

第三課題のテーマは「中庭のある図書館」となっている。

 

今回はかなりエスキースの難しい課題だった。問題文の読解までは40分くらいで終わり順調だったが、ゾーニングからプランニングが全然まとまらず、最終的にエスキースに要した時間は3時間半。1時間半オーバーしたので、本番だったらこの時点でアウト👍となる。

 

エスキースが難しかった主な要因は下記の3点となる。

  1. テーマでもある中庭に関する条件が問題文に一切書かれていなかったこと=条件がフリー過ぎてどうして良いか分からなかった。
  2. 駐車場台数が10台、駐輪場40台とる必要があり、外構が難しかった。
  3. 要求室の合計面積より、指定床面積の方がかなり大きく床面積が余ってしまった。

 

結局、肝である中庭については敷地の端っこに少しだけ設けることしか出来ず、中庭っぽくないプランになってしまった。

f:id:k-est:20220605151951j:image

中庭のない図書館の完成。

駐車場についても10台中2台をスペースの都合で勝手に軽専用にしてしまった。

  • エスキース:3時間半
  • 計画の要点:50分
  • 作図:4時間10分

トータルで8時間半と制限時間を2時間オーバーしている。

 

作図に関してはかなり丁寧に描き、家具・什器類まで全て描いたのでこれくらいかな、と思う。タイムは気にしつつ、今は家具・什器、植栽含め描ききることを目標にしているので、作図タイムはそれほど気にしていない。それよりもやっぱりエスキースが気になる。今回は無限ループに陥ったので、本番でこうなったらと考えると恐ろしい。。

 

反省点一杯の結果だが、とりあえず製図試験.comに送り添削をお願いすることとした。

 

《6月29日追記》

f:id:k-est:20220629112544j:image

添削された図面が真っ赤っ赤になり戻ってきた。判定はB−。

面積計算を間違えているから、本来なら問答無用のCかなと自分では思ったりしている。

 

指摘事項は一杯あるが、特に気を付けたいところとして、2F、3Fの設備スペースが屋外(床面積外)のイメージだったが、柱を設けたことによりピロティとなり屋内的用途として面積参入になるという部分は次から気を付けたいと思う。ちなみに面積間違いはこの部分と、エレベーターを2階非着床としたことにより吹き抜け扱い(面積外)になる部分を面積に入れてしまったところとなる。

 

他にも色々あるのでメモしておく。📝

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】