+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

自己分析課題の見本解答例をトレース

どうもESTです。

一級建築士の製図試験に向けて通信添削講座の「製図試験.com」を利用しています。

この記事は製図試験の勉強記録を備忘録的に記しているものになります。

 

===================================

以前、2月上旬に製図試験.comの自己分析課題に取り組んだ記事を書きました。

 

自己分析課題のテーマは「屋上庭園のあるコミュニティセンター」で、エスキース4時間40分、作図7時間10分という推奨時間の倍以上の時間をかけて何とか終えることができました。

 

それ以降は作図トレースやパーツ練習に取り組んでいたわけですが、先日、製図試験.comから自己分析課題の見本解答例が送られてきましたので、さっそくトレースしてみました。

 

f:id:k-est:20220220135944j:image

(全体図)

f:id:k-est:20220220135941j:image

(1階平面図 兼 配置図)

f:id:k-est:20220220135948j:image

(2階平面図)

f:id:k-est:20220220135934j:image

(3階平面図)

f:id:k-est:20220220135937j:image

(断面図)

見本解答例だけありパッと見でシンプルにまとまったプランです。

 

いくつか備忘録的にポイントアップしておきます。

  • スペースが空く場合は非要求室であっても配置しておかしくない室、スペースを設けることで不自然なプランにならないようにする
  • 高天井の室であることにより吹抜けになる場合の防火区画(面積区画によるスパンドレル)に注意
  • 西側外壁ガラス面には西日対策として縦型ルーバーを設置すると計画の要点でアピールポイントになる

 

さて、次は自己分析課題の二回目提出が2月末なので取り組んでいきたいと思います。

 

それでは次の記事でまたお会いしましょう。👋

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】