+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

製図作成手順習得に向けた作図トレース

どうもESTです。

一級建築士の製図試験に向けて通信添削講座の「製図試験.com」を利用しています。

この記事は製図試験の勉強記録を備忘録的に記しているものになります。

 

===================================

まだ製図試験の勉強を始めたばかりという事もあり、エスキース、作図、作文全てにおいて取り組まねばならない課題が満載です。

 

何から手を付けて良いのか悩ましいところですが、やはり作図の手順が分からないと話にならないと思うので、市販テキストの製図作成手順通りに作図トレースをしてみることにしました。テキストは「一級建築士 製図試験 独学合格テキスト」です。

手順習得に重きを置いてますので、作図タイムは二の次です。

 

テキストでは平成29年度の「小規模なリゾートホテル」の課題を使い、ステップ1からステップ10までの10段階に分けて作図の手順を解説しています。

f:id:k-est:20220212214145j:image

f:id:k-est:20220212214150j:image

テキストで推奨している製図作成手順は下記の通りです。

  • ステップ01:基準線(グリッド線)
  • ステップ02:柱、寸法線
  • ステップ03:外壁仮線、バルコニー、吹抜け
  • ステップ04:コア(階段・エレベーター)
  • ステップ05:内壁、外壁、便所、指定室
  • ステップ06:外構
  • ステップ07:断面図
  • ステップ08:寸法、面積表
  • ステップ09:室内レイアウト、什器備品
  • ステップ10:室名、面積、書き込み

特殊なことを書いているわけではなく、他のテキストや資格学校などでもここら辺は大差ないと思います。

 

間違いなく言えるのは各階平面図を1枚ずつ仕上げていくのではなく、同時進行的に仕上げていくことですね。

 

そしてこの手順通りにトレースした図面がこちらです。👇

f:id:k-est:20220213112809j:image

(全体図)

f:id:k-est:20220213112805j:image

(1階平面図 兼 配置図)

f:id:k-est:20220213112815j:image

(地階平面図 兼 配置図)

f:id:k-est:20220213112812j:image

(2階平面図)

f:id:k-est:20220213112802j:image

(断面図)

 

テキストを見ながら手順通りにトレースしたわけですが、6時間15分かかりました。推奨作図時間である3時間の倍以上です。図面に慣れてないだけでなく、このテキストの図面が単純に難しかったです。書き込み量凄いし、絶対3時間で描いてないよね。このテキストの図面。もっと慣れてきたとしても3時間でこのレベルの図面が描けるとは到底思えないなあ。。

 

まあ、今は作成手順を覚えるのが先なので、時間短縮はもっと先の課題と捉えていますのでタイムを気にするのはやめておきます。

 

次回はパーツ単位の練習でもしていこうかな…

 

お読みいただきありがとうございました。次の記事でまたお会いしましょう。👋

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】