+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

ミニマリズムを提唱する「より少ない生き方」を読んで…

どうもESTです。

ミニマリズムを提唱する「より少ない生き方」という本を読みました。

f:id:k-est:20211129085558j:image

 

本書は2016年に「新ミニマリズム」旋風を巻き起こした全米ベストセラーが原著となります。

 

著者は現代のミニマリズム運動を代表する1人で、毎月100万人が訪れるサイト「ミニマリストになる(Becoming Minimalist)」の創設者ジョシュア・ベッカー氏になります。

 

ジョシュア・ベッカー氏が自身の経験を通じてミニマリズムに目覚めた経緯、ミニマリズムの利点、ミニマリズムになる方法を自身の経験だけでなく、色々な人の事例を交えながら解説しています。

 

 

本書を読んで、ミニマリズムという生き方に共感し、さっそく家の片付けを始めてみました。

 

もちろん、いきなり全部は難しいので、手をつけれるところから始め、まずはCDと本を処分することにしました。特にCDは聴きもしないのに段ボール一箱分ありましたので、全て処分することにしました。本に関しては、元々そんなに持っていたわけではなく、手元に残っていた本はお気に入りの本ばかりだったわけですが、それでも「読み返すことはあるか?」と自問した結果、答えは「否」となり、大半を処分することにしました。

 

処分するにあたり、ただ捨てるのは勿体なかったので、近くのBOOK OFFに持っていったところ、14,585円になりました。ガラクタみたいなCDでもそれなりの値段が付いて良かったです。

 

さらに、私の片付けに触発された妻が、不要な食器やコップ類をオフハウスで処分すると言うので、オフハウスへも行ってきました。オフハウスでの査定待ちの間、店内をぶらついていたところ、パラブーツのシューツリー(未使用品)を発見。私が愛用しているパラブーツのアンデルセンはノーネームのシューツリーを使用していたので、アンデルセン用に買っていくことにしました。「より少ない生き方」を読んでミニマリズムに影響され、不用品を処分しに行った先で、新たなモノを買ってしまった次第です。😂

f:id:k-est:20211129094123j:image

f:id:k-est:20211129094127j:image

 

まあ、大事なのは自分にとって必要なモノとそうでないモノの選別だと思うので、良しとします。

 

 

それでは次の記事でまたお会いしましょう。👋

 

【Instagramもどうぞ】

https://www.instagram.com/shoe_est/

👆靴のローテーション記録用アカウント

https://www.instagram.com/architect__est/

👆資格の勉強用アカウント

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】