+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

管理職になってから説明することが増えたため「一番伝わる説明の順番」を読んでみました。

どうもESTです。

管理職になって早5年。管理職になってから説明や報告をする機会が増えました。

 

それは役員への報告や説明であったり、部下への説明であったりします。説明の仕方もパワーポイントを使っての説明から、資料なしの口頭だけで行う説明まで多岐に渡ります。

 

私はお世辞にも説明スキルが高いとは言えないので、この度、フォレスト出版から発売されている「一番伝わる説明の順番」という本を買って読んでみました。

 

著者は様々なビジネス書を書かれている田中 耕比古(たなか たがひこ)氏です。

 

さて、本書ですが、私のように下手くそながらも説明する機会がそこそこある人なら、自然と実践していることが多く書かれていました。

 

例えば、「自分が考えた順番」ではなく「相手が聞きたい順番で話す」や、しっかりと事前準備をした上でその場に臨み「本日はこの範囲で、こういうテーマの話をする」と定義することで、主導権を握る。等々

当たり前だろっ!て感じですよね。

 

対象はどちらかと言うと20代〜30代前半くらいの若手ビジネスマン向けかな、と思いました。

 

そんな中、参考にしたい部分もありましたので、下記に引用しておきます。

Quotes ー
「書かれない思考は、思考ではない」

相手に説明するのであれば、理解しやすい順番にする必要があるので、伝える情報を客観的に「視る」必要が出てくる。

そのためにお勧めなのが、思考や情報を紙やノートに書き出すこと。書くという行為は、思考を「言語化」「可視化」する作業にほかならない。

説明がうまくいかない問題の本質は、多くの場合「言いたいことが決まっていない」ことにある。

 

説明の情報をまとめる技術

  1. 経験した順番、考えた順番ですべて書き出す
  2. 伝えたいことに、赤ペンや蛍光ペンを使って印をつける
  3. 印のついた部分をカタマリとしてまとめ直す
  4. 各カタマリについて、再度、文章として書き起こす
  5. カタマリの並び順=説明順序を決める

 

私は、説明資料を作成する際、いきなりパワーポイントを開いて資料を作成しがちです。作りながら考え、都度修正していくタイプです。

これは決して効率が良い資料作成方法とは言えないので、今後は、上記手順を参考に、意識的に紙やノートに書き出してからパワーポイントを作成してみようかな、と思いました。

 

以上、20代や30代前半のビジネスマンにこそ読んで欲しい「一番伝わる説明の順番」についてのレビューでした。

 

 

お読みいただきありがとうございます。次の記事でまたお会いしましょう。👋

 

【Instagramもどうぞ】

https://www.instagram.com/shoe_est/

👆靴のローテーション記録用アカウント

https://www.instagram.com/architect__est/

👆資格の勉強用アカウント

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】