+αな暮らし

インハウスのファシリティマネジャーの実務に関する事と、実務に関係した建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、趣味である読書記録、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

【読書】三浦建太郎さん死去

どうもESTです。

今月の上旬にベルセルクの作者である三浦健太郎さんが54歳の若さで亡くなりました。

 

【三浦建太郎先生 ご逝去の報】
『ベルセルク』の作者である三浦建太郎先生が、2021年5月6日、急性大動脈解離のため、ご逝去されました。三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。
2021年5月20日 株式会社白泉社 ヤングアニマル編集部

f:id:k-est:20210526082804j:image

5月20日の白泉社の公式ツイートによるニュースで初めてその事実を知りましたが、個人的には今年一番の衝撃的ニュースです。

 

ベルセルクは私も大好きな漫画でした。

物語の重要なキーポイントとなる「触」では、よくあれだけの絶望感を描き出したと当時は驚いたものです。

 

さて、三浦健太郎さんの死因となった急性大動脈解離ですが、調べてみると、心臓から全身に血液を送る最も太い動脈である大動脈の壁(血管壁)に血液が流れこみ、外膜・中膜・内膜の3層になっている大動脈壁の内膜に亀裂が入って中膜が急激に裂けていく(解離する)病気との事で、その名の通り急速に病状が進行する恐ろしい病気のようです。

 

原因としては、高血圧、喫煙、ストレスなどが大動脈解離の発症リスクのようです。

三浦健太郎さんがタバコを吸われていたかは分かりませんが、休みもなく、睡眠時間を削りながら漫画を描いていたようで、身体には相当なストレスがかかっていたと推測します。

ベルセルクを読めば分かりますが、物凄く描き込まれた作品ですので、一話一話描き上げるのに相当な時間がかかるであろうことは想像に難くありません。

f:id:k-est:20210526123714j:image

(三浦健太郎著「ベルセルク」40巻より)

 

2013年当時のベルセルクの紹介記事の中でも完結しない作品になる可能性が高いと書きましたが、現実の事となってしまいました。非常に残念です。

 

謹んでご冥福をお祈りします。

f:id:k-est:20210526124138j:image

(三浦健太郎著「ベルセルク」40巻より)

 

 

【Instagramもどうぞ】

https://www.instagram.com/shoe_est/

👆靴のローテーション記録用アカウント

https://www.instagram.com/architect__est/

👆資格の勉強用アカウント

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】