+αな暮らし

仕事はインハウスのファシリティマネジャー(FMgr)です。このブログはFMgrの実務に関すること、実務に関係した建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、趣味である読書記録、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事なども書いています。

【資格】一級建築士《環境・設備》電気設備の需要率と負荷率

どうもESTです。

一級建築士 科目II「環境・設備」はその名の通り、環境に関する問題と設備に関する問題から構成されています。

個人的には環境に関する問題の方が難しく、設備は比較的取り組みやすいと感じていますが、そんな設備問題の中にもなかなか覚えられないものがあります。それが電気設備需要率負荷率です。

f:id:k-est:20210128075813j:image

 

今回はその需要率と負荷率について、内容を整理します。

 

需要率

需要率とは、設備の同時利用を考慮した指標で「負荷設備容量の総和」に対する「最大需要電力」の割合となります。式で表すと、需要率=最大需要電力/負荷設備容量の総和です。

 

負荷設備のすべてが、同時に使用されることはないので、最大需要電力は、負荷設備容量の合計よりも小さくなり、需要率は、事務所ビルで40〜80%程度商業施設で70〜100%程度となります。

 

負荷率

次に受変電設備の負荷率とは、「平均需要電力」を「最大需要電力」で除した値となります。こちらも式で表すと、負荷率=平均需要電力/最大需要電力で計算されます。

 

電力の消費は時期や季節により変化し、負荷率が大きいほど、期間中の需要の変動が少なく、効率的な設備の運用がなされていることを示しています。

 

一級建築士における需要率と負荷率の問題は、電力量が示され計算するということはなく、内容を問う問題が出題される程度なのですが、内容が似ているためか、ごっちゃになって間違えがちになってしまいます。問題自体の難易度が高い訳ではないので、しっかり暗記して正解できるようにしたいですね❗️

 

 

【Instagramもどうぞ】

https://www.instagram.com/shoe_est/

👆靴のローテーション記録用アカウント

https://www.instagram.com/architect__est/

👆資格の勉強用アカウント

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】