+αな暮らし

仕事はインハウスのファシリティマネジャーです。このブログでは実務に関係した建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録と読書記録、自分の生活に+αな彩りを与えてくれる革製品を始めとした愛すべきプロダクトたちをご紹介します。

【資格】一級建築士《計画》似たような施設が多くて何かと混同しがちな高齢者施設

どうもESTです。

スタディングの勉強は計画科目を一通り終え、環境・設備の勉強へと移っています。しかしながら計画科目のある単元に関して、この場を借りて一言物申したい。

 

その単元とは高齢者施設です。

……

 

「似たような施設ばかり、ややこしいんじゃワレェーーー( *`ω´)」

 

フーーー

スッとしたぜ

f:id:k-est:20201211081024j:image

 

 

さて、冗談はさておき、この高齢者施設、本当に覚え辛いので、ここで整理しておきたいと思います。

 

一言で高齢者施設と言っても、老人ホーム認知症高齢者グループホームなどの介護系施設や、デイサービスセンターなどの在宅サービスシルバーハウジングサービス付き高齢者住宅と言った高齢者用住宅などがありますが、今回は特に間違えやすい介護施設と在宅サービスについてまとめていきたいと思います。

f:id:k-est:20201219143258j:image

 

【CONTENTS】

 

【介護施設】

■介護老人福祉施設

・介護老人福祉施設、特別養護老人ホーム

 介護老人福祉施設とは特別養護老人ホームのことで、常時介護を必要とし、自宅で介護を受けられない高齢者のための施設。治療は行わない。(介護と機能訓練のみ)

また、介護単位を小さくしたユニットケアと呼ばれる介護手法があり、これは食堂とデイルームからなる共同空間に複数の居室(個室)を併設したユニットを複数用意して介護を行うものである。1ユニットあたりの人数は10人以下(※認知症高齢者グループホームの5〜9人と混同注意)とする。

 

・軽費老人ホーム、ケアハウス

 日常生活上の必要な便宜を供与する軽費の老人ホーム。特別養護老人ホームと同じく福祉施設だが、特別養護老人ホームと違い、治療だけでなくリハビリなどの機能訓練も行わない。また、ケアハウスとは、家族による支援を受けることが困難な高齢者を対象とし、日常生活上必要なサービスを受けながら自立的な生活をする施設である。

 

■介護老人保健施設

・介護老人保健施設

 症状安定期にあって入院治療を必要とせず、家庭に復帰するためのリハビリや看護、介護が必要な高齢者のための施設。

 

・認知症高齢者グループホーム

 介護が必要な認知症の高齢者5〜9人を対象(※ユニットケアの10人と混同注意)として、小規模で家庭的な生活の場において、介護職員と共に生活する施設。

 

■介護療養型医療施設

 長期の療養を必要とする患者を対象にした施設。介護施設の中では最も医療ケアが充実している。療養病床の居室は、ほとんど相部屋で、介護のほか医師・看護師による回復期リハビリやケアなどのサポートが受けられる。1人あたりの居室面積は病室と同じ、6.4m2以上となる。

 

【在宅サービス】

・老人デイサービスセンター

 在宅介護を受けている高齢者が、送迎バスなどを利用して通所し、入浴、排泄、食事、機能訓練、生活指導などを受ける施設。介護老人保健施設や病院に通いリハビリを受ける「デイケア」(通所リハビリテーション)との混同に注意。

 

・小規模多機能型居宅介護

 デイサービス(通い)を中心とし、要介護者の態様や希望に応じて、訪問介護やショートステイ(泊まり)を組み合わせたサービスである。

 

大体こんな感じですかね。。

特に介護施設の介護老人福祉施設と、介護老人保健施設がごっちゃになりやすいので注意が必要です。

 

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】