+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

めっちゃ作画が綺麗な「圕の大魔術師」を紹介します📖

どうもESTです。

 

今回は「圕の大魔術師」という漫画を紹介します。「圕」は「囗」のなかに「書」と書き、「圖・書・館」の三文字を簡略化して一字であらわしたもので「としょかん」と読みます。その名の通り図書館を題材にした話です。

f:id:k-est:20190808074800j:image

 

図書館といっても現実の図書館を舞台にした話しではなく、ジャンル的には精霊や亜人、魔術などが登場するファンタジーになります。架空世界で図書館司書(カフナ)を目指す少年の話しです。

 

作者は泉光(いずみ みつ)さんという方。

f:id:k-est:20190808074851j:image

面白いのが「原作  風のカフナ、著  ソフィ=シュイム」となっており、実はこれ、設定みたいです。てっきり海外作品を元にした漫画かと思いきや、ネットで調べても「風のカフナ」という作品や「ソフィ=シュイム」という方は実在しません。

 

さて、本作の主人公ですが、シオという名の少年になります。ヒューロン族と耳長族(虐殺した民族と虐殺された民族)の混血で、ヒューロン族の村に住んでいます。村の中でも貧民街に住み、周りからは「耳長野郎」と差別、虐められています。

f:id:k-est:20190808082316j:image

(泉光 著「圕の大魔術師」より)

 

そんなシオ少年は本が大好きで、いずれは本の都 "アフツァック" に行ってみたいと願っています。

f:id:k-est:20190808082718j:image

(泉光 著「圕の大魔術師」より)

 

その想いは村を訪れたある司書(カフナ)との出会いによってさらに強くなり、カフナになりたいと思うようになります。

 

そして7年後ー

13歳になったシオはカフナになる試験を受けるため、本の都 "アフツァック" を目指す、というのが本作のあらすじです。

 

本作の素晴らしいところは、練られたストーリーだけにあるのではありません。そのストーリーを活かす緻密な作画力にあります。

f:id:k-est:20190808082500j:image

f:id:k-est:20190808124720j:image

(泉光 著「圕の大魔術師」より)

 

綺麗な作画、見事に練られたストーリー、深い世界観、実に素晴らしい漫画です。その割に有名ではない気がしますので、ぜひお勧めしたい漫画です。

 

図書館の大魔術師(1) (アフタヌーンコミックス)

図書館の大魔術師(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。それではまた次の記事でお会いしましょう。👋

 

【プロフィール紹介&当ブログについて】