+αな暮らし

建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムや読書について綴っています。

【読書】久しぶりに自己啓発本を読んでみた。「1分で話せ」読了

どうもEST(@corthay_arca • Instagram photos and videos)です。

久しぶりに自己啓発本を読んでみました。

Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんが書いた「1分で話せ」という本なのですが、なかなか良かったです。

f:id:k-est:20190526055318j:image

 

まえがきの部分で著者が本書について述べている…

ストーリーを考えようとするなら「何が大事なのか」、そして「どうしたら相手に伝わるのか」をきちんと考えることが必要になります。だからこそ1分でも伝わるような凝縮した言葉になるのです。本書は、「伝える力」を世界で一番簡単に習得できることを目指しています。

本書はまさにこの相手に伝えるための技術(主にプレゼン)について書かれた本になります。

初版は2018年3月20日に第1刷が発行され、2019年2月4日には第20刷まで発行されていますので、かなり売れているようですね📖

 

さて、以下に内容の一部をご紹介いたします。

「何のためにプレゼンをするのか」「聞き手はどんなイメージか」を考えたあと、次に考えるべきは「ゴールは何か」です。このプレゼンを通して、「どこをプレゼンのゴールとするのか」を言語化します。(P.30)

そして、「結論」→「根拠」→「たとえば」の3段ピラミッドで考え、整理します。(P.118〜119)

f:id:k-est:20190526213432j:image

この3段ピラミッドが本書のキモになります。

「1分で考えよ」の根幹はここにあり、まず伝えようとすることの骨組み、つまり、結論と根拠のセットを構築すれば、驚くほど説得力を増す伝え方ができるとしています。

 

また、資料作りやストーリー展開、相手に伝える時の言葉遣い、すべてにおいて「スッキリ・カンタン」にするよう書かれています。

「使う文字・言葉を少なくし、文章をややこしくしない」ということです。そしてプレゼンで話す言葉は特に、「短く、言いきる」ことを心がけましょう。(P.92)

 

私が務めている会社は資料作りばかりしている会社で、特に中間管理職の方々は偉い人へのパワーポイント資料作りにえらく時間を割いています。PDCAのPはパワーポイントのPなんて揶揄している社員もいるくらいです🤣。

まあ、駄目な会社の典型のような気がしますが、やらない訳にも行かないので、本書を参考に3段ピラミッド構造で物事を考え、スッキリ・カンタンな資料作りを心掛けたいと思います。

 

以上、伊藤羊一さんの「1分で話せ」でした。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

 

気になった方は是非ご一読あれ。それではまた👋