+αな暮らし

建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムや読書について綴っています。

【愛用品】Berluti ベルルッティ Pierre ピエール サイドジップブーツ

どうもESTでございます。

今回は49足目となる革靴の紹介です。しかもブーツ🥾です。

 

ブーツは秋冬限定の靴で、夏場はクローゼットの奥で次の冬に向け、冬眠ならぬ夏眠をしてしまう訳でありますが、足首までサポートしてくれる頼もしさは、寒い時期においては普通の革靴の追随を許しません🏃‍♂️💨

 

さて、そんなブーツですが、今回ご紹介するのはBerluti ベルルッティPierre Collection ピエール コレクション サイドジップブーツになります。今日は比較的寒いので登板となりました。

f:id:k-est:20181220073417j:image

f:id:k-est:20181220073422j:image

 

ピエール・コレクションはデザイン性に富んだパーフォレーションが特徴で、このブーツもまるで歯型のような穴飾りが施されています。

f:id:k-est:20181220073920j:image

f:id:k-est:20181220073916j:image

f:id:k-est:20181220073923j:image

サイドから。アンクル丈は後方へ傾斜するデザインです。

 

また、シューレースやバックルのないシンプルなホールカットベースのため、脱ぎ履きはサイドジッパーを利用します。

f:id:k-est:20181220074204j:image

 

後ろからのデザインもお洒落。ライトブラウンな色合いですが、黒くパティーヌされたラインがベルルッティらしいですね。

f:id:k-est:20181220074337j:image

 
そしてピエールコレクションの特徴とも言えるレザーソールがこちら ↓

f:id:k-est:20181220074620j:image

「飛び石」のようにレザーソール上に置かれたラバーが、このコレクション名の由来となっています。

 

その由来とは…

シャルル・ペローの童話の主人公が、置き去りにされないよう道しるべとして置いた小石(フランス語でピエール)をイメージしたものということです。

 

さらには、このラバーにはBERLUTIのロゴが一文字ずつ刻まれているという遊び心もあるソールとなっています。

 

お次はインソールを見ていきましょう。

f:id:k-est:20181220130858j:image

ブーツのため暗くて分かり辛いですが…

f:id:k-est:20181220130852j:image

インソックもライニングもベージュ系なので普通な感じですね。デムジュールコレクションのパープルやグリーンなどもお洒落ですが、これはこれで🙆‍♂️

f:id:k-est:20181220130905j:image

履き口の内側に書かれているのは「6 1/2/2448」という数字。サイズと品番ですかね🤔

f:id:k-est:20181220130902j:image

同じように反対側の履き口には「0193」という数字が書かれています。

 

手持ちのベルルッティのカタログにもこのピエールコレクションのブーツがあります。

f:id:k-est:20181220132108j:image

色も似てます☺️

 

また、特筆すべきは履き心地です。足入れする際はキツくて入れ辛いのですが、一旦入ってしまえばブーツのためか足首がガッチリとホールドされ、素晴らしい安定感とフィッティングを実現しています。しかも一日中履いていても、どこも痛くなりません👏

f:id:k-est:20181220132311j:image

最近、改めてベルルッティの靴がお気に入りになってきました。