+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

涙がホロリ。「ある犬のおはなし A Story of a Dog」

どうもESTでございます。

今回は思わず涙がホロリと出てしまいそうな本をご紹介します。犬好きには辛いお話です。

 

その本とは「ある犬のおはなし A Story of a Dog」。絵本です。

f:id:k-est:20190120211232j:image

妻が図書館で借りた本を読みました。

 

5分程度で読み終える本ですが、内容が犬猫の殺処分に関する話しなので、なんとも切ないです。

f:id:k-est:20190121081754j:image

この声は、あなたへ届きますか」で始まります。

f:id:k-est:20190120211250j:image

(kaisei著「ある犬のおはなし」より)

内容は上の画像のような感じです。イラスト+少しの文字(+英語)で構成されています。

 

作・絵はkaiseiさんと言う方です。私はこの方、存じ上げておりませんが、この本に合った雰囲気の絵でした。

 

図書館で借りた後、晩御飯を食べるために近くのお店に入り、頼んだものが出てくるまでの待ち時間に読み終えてしまったのですが、お店のバックミュージックが小田和正さんの曲(オルゴール版)だったこともあり、音楽と相まって思わず涙がホロリ😢

 

本書の最後に『読み終わったら、本棚にしまってしまうのではなく、ぜひ「読んでほしいな」と思う誰かに届けてもらえたら嬉しいです。』と結んでいますので、ブログでご紹介するのもまた一つの方法かと思う次第。

 

以上、「ある犬のおはなし A Story of a Dog」でした。ぜひ読んでいただき「ある犬のおはなしバトン」を広げて貰えればと思います。🐶🐱

 

ある犬のおはなし

ある犬のおはなし

  • 作者:Kaisei
  • トゥーヴァージンズ
Amazon

 

お読みいただきありがとうございます。次の記事でまたお会いしましょう。👋