+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【読書】原始人漫画「グラシュロス」完結!

どーもESTです。

「神さまの言うとおり」という漫画をご存知でしょうか?

金城宗幸原作、藤村緋二作画による漫画で、実写映画化もされたことがある、そこそこ人気がある漫画です。

 

今回ご紹介する「グラシュロス」は、この「神さまの言うとおり」の金城&藤村コンビによる漫画になります。

 

まずはあらすじから…

 

Synopsis
舞台は3万年前。滅びの宿命を背負って生まれたアクウ。

彼が呼んだ災いなのか、故郷は絶望の山(グラシュ)に破壊され、出会った仲間は赤い月の血が引き裂いた。

アクウに残された希望は、絶望の山(グラシュ)への復讐のみ。これは、生きるという闘いにもがく男の物語である!

 

上記のあらすじはAmazonの作品紹介ですが、これだけ読んでも訳分かりませんね。絶望の山って何やねん。登山の話しかいなってなりますよね。唯一分かるのは3万年前の物語という事。しかし、この簡素なあらすじを読むだけだと、そんなに面白くなさそうです。

 

ところがどっこい、これ面白いです。

物語は確かに3万年前のクロマニヨン人を題材にした漫画です。

f:id:k-est:20181008153405j:image

f:id:k-est:20181008153409j:image

(金城宗幸原作、藤村緋二作画「グラシュロス」より引用)

 

主人公のアクウが子供の頃に、絶望の山「グラシュ」(実はバカでかいマンモスです)により故郷の村が破壊され、両親が殺されてしまったことから、グラシュへの復讐の旅に出るというシリアスなストーリーです。

 

しかし、シリアスなストーリーとは裏腹にグラシュロス語とでも言うべき単語が笑いを誘います。

f:id:k-est:20181008154734j:image

(金城宗幸原作、藤村緋二作画「グラシュロス」より引用)

 

この「真相=バンキシャ」は一例ですが、他にも…

相棒=テラワキ

種男の毎日=シルナンデス

一撃昇天=アケボノ

一触即発=ニラミアイ

極楽鳥=ジュディ

大怪鳥=オング

などなど。

グラシュロス語面白いです🤣

 

タイトルに書いた通り、単行本は全5巻をもって完結しました。

f:id:k-est:20181008155211j:image

1巻はアクウの父親ダダアが表紙ですが、

f:id:k-est:20181008155238j:image

2巻以降はアクウが表紙です。

f:id:k-est:20181008155228j:image

3巻以降は大人になったアクウが表紙で、

f:id:k-est:20181008155233j:image

f:id:k-est:20181008155230j:image

ラスト5巻の表紙は1巻の父親と同じく、シーカー(大鹿)を狩ってきた姿が描かれています。

 

5巻で完結なので、気負わず読むことが出来る漫画です。作画も上手なので、ちょっとした暇つぶしに読むには持ってこいです。

 

ちょっとだけ暇な方、ぜひご一読あれ。