+αな暮らし

メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについて書いています。

VASS SHOES ヴァーシュ ダブルモンクストラップ

今週はひたすら雨だったため、ずっとスコッチグレインばかり履いていた。さすがに同じ靴ばかり履いてると気分も滅入ってくる。

 

しかし!!!

 

本当に久しぶりに今日は晴れた☀️ 今までの雨続きが嘘のような秋晴れだ。

 

チャンスとばかりに、履き下ろしたくて仕方がなかったVASSをデビューさせることにした。

f:id:k-est:20180928074452j:image

せっかくなので、このままVASSの紹介も済ませてしまおう。

 

VASS SHOESというブランド

当主のラズロ・ヴァーシュ氏は1946年、ハンガリー ブダペストに生まれる。

1964年より、ハンガリアン・ファッション・インスティテュートにて裁断士、縫製士、靴職人、デザイナーとしての修練を積んだのち、1970年に靴職人としての資格を取得。手作りの紳士靴と婦人靴を専門に製作する個人の工房に入り、アシスタントチーフデザイナーならびに靴職人として働く。

1978年、ブダペストの中心地に自身のビスポーク工房をオープン。1988年からは20人のスタッフとともに伝統的な靴作りに専念する。国際靴職人技能コンクールで優勝経験を持つことでも知られ、そのプレタをして世界最高と謳う人も少なくない。

f:id:k-est:20180928083003j:image

上のいかつい顔したおっさんがラズロ・ヴァーシュ氏だ。(VASS HPより引用)

 

ラズロ・ヴァーシュ氏は「Handmade SHOES FOR MEN」という靴に関しての本を書いた著者でもある。

f:id:k-est:20180928083327j:image

和訳版も出版されている。

f:id:k-est:20180928083353j:image

紳士靴に魅せられた者として、ぜひ一度読んでみたいね。📖

 

さて、そんなVASSだが、ハンガリーのブタペストと言われて場所がピンと来るだろうか?

 

ここです。👇

f:id:k-est:20180928083718j:image

ポーランドの下あたりルーマニアの左上、まさに東欧。

 

そんな東欧の隠れた名店VASSのダブルバックルドが今回の主役だ。

f:id:k-est:20180928083857j:image

f:id:k-est:20180928083936j:image

デザインは見ての通りのダブルバックルド。モンクストラップとも言う。

 

色は明るめのブラウンでチェスナットみたいな色合いだ。ラストが不明だが、つま先のデザインがスクエアなので、

上記ブログを参考に考察すると、UかSかKあたりかな?🤔

 

ちなみに、Uラストはフィレンツェの靴職人ロベルト・ウゴリーニ氏とのコラボレーションで生まれたラストとなる。

f:id:k-est:20180928083939j:image

VASSのシューツリーは伸び縮みする芯の部分まで木で出来ており、手が込んでいるのが分かる。しかし、実際には木製の芯がスライドし難く、少し入れ辛い。

f:id:k-est:20180928083942j:image

ソールはドイツのレンデンバッハ、通称JRソールにトライアンフのトゥスチールを取り付けた。

f:id:k-est:20180928083933j:image

ライニングには手書きの丸窓に「00160609 6.5F ALD?1」と書かれている。分かるのは6.5Fというサイズくらいだ。

f:id:k-est:20180928084202j:image

インソックシートはつま先までのフルソックで高級感がある。フルソックタイプは足跡が付きにくいのが良い。

 

製法はハンドソーンウェルテッド製法でしっかりと作り込まれており、非常に満足いくレヴェルの靴だ。

 

そんなVASSを雨上がりの今日、履き下ろした。

f:id:k-est:20180928130001j:image

カッコいい😍

 

しかし、サイズがハーフサイズほど大きい気がする。このままでも許容範囲ではあるが、場合によっては薄目のインソールを一枚入れても良いかも知れないな。

 

P.S.

この靴、トライアンフスチールを取り付けて貰った北浦和GATOさんのブログでも紹介されていたのでリンクを貼っておく。

 

プロフィール紹介&当ブログについて