+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

Berluti ベルルッティ Dmesure Andy デムジュール アンディ

どうもESTです。

今回紹介する所有靴はかの有名な「Berluti ベルルッティの「Andy アンディ」です。

f:id:k-est:20180826204735p:image

コルテのツリーを入れていますがベルルッティ です。

 

このアンディという靴の由来は、かのアメリカンポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルがオーダーした靴というのはあまりにも有名な話です。

f:id:k-est:20180826204757p:image

 

今回、このアンディという靴を買ってから一年経ちますので、その間、履いてみての感想をつらつらと書いておきたいと思います。

f:id:k-est:20180826204846p:image

 

デザインはいわゆるローファーですが、高校生が履いているようなポテっとしたデザインのローファーとは違い、シャープでスタイリッシュなデザインはさすがベルルッティといった感じです。

 

f:id:k-est:20180826204903p:image

トゥはスキンステッチモカ共々スクエアです。

 

f:id:k-est:20180826204916p:image

アンディに限ったことではありませんが、ベルルッティの靴はヴェネチアンレザーを使用しており、パティーヌと呼ばれる染色技術により豊富なカラーバリエーションを誇っています。

 

f:id:k-est:20180826204926p:image

私のアンディは濃いパープルにパティーヌされています。上の写真にあるような鮮やかな青や赤、明るいパープルは履きこなすには相当なファッションセンスが必要ですね。結局のところ黒や茶系が間違いありません。

 

f:id:k-est:20180826205016p:image

f:id:k-est:20180826205021p:image

ソールには化粧釘でBerltiと打たれています。

 

そして、コバの側面には「B」という刻印が刻まれています。

f:id:k-est:20180826205038p:image

うーん。なかなか芸が細かいですな。🧐

 

f:id:k-est:20180826205115p:image

f:id:k-est:20180826205119p:image

ライニングやインソックシートもパープルに統一されています。

 

ラストは「Dmesure デムジュール」です。このデムジュールラストが私の足に見事に合っていて、サイズ6のデムジュールの靴は程よいタイト感と、それでいて一日中履いていても痛くならないという私的にベストオブベストなラストです。

 

前述したソールの化粧釘によるロゴやコバサイドのBマークはデムジュールコレクション特有の手の込んだ技術になります。

 

製法はマッケイで、ラストのジャストフィット感とも相まって素晴らしい履き心地を実現しています。

 

以上、ベルルッティのアンディでした。それではまた👋