+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

休日の革靴お手入れ ベルルッティ&コルテ編

どうもESTです。

YouTubeで革靴の手入れ動画を見ていたら、私も革靴を磨きたくなってきた今日この頃です。

 

そう思い立ったが吉日。早速、靴磨き道具を準備しました。

f:id:k-est:20180819091911p:image

 

いつもの「タピール」フルセットです。
今回磨いたのはベルルッティのカリグラフィダービーと、コルテのアルカです

 

残念ながら作業中の写真は撮り忘れていてありません。

 

作業手順としては、まずタピールのレーダーオイルで汚れ落としを兼ねた油分補給を行いました。


次にベルルッティはトゥの部分にフレーゲクリーム(黒)を、コルテは濃い茶色部分にサフィール クレム1925を塗り込みました。

 

そして豚毛ブラシでブラッシング&クロスで乾拭き。


最後に、タピールのレーダーフレーゲで全体を磨きました。そして乾拭き。さらに豚毛ブラシによるブラッシング→乾拭きによる最終磨きをしてフィニッシュ。


コルテに関してはレザーソールなので、タピールのレーダーソールオイルをペネレイトブラシで靴底に塗り込むという一手間が追加されます。ベルルッティはラバーソールなのでブラシで汚れを落とすくらいでメンテフリーです。


そして完成したのがこちら👇

f:id:k-est:20180819092201p:image

f:id:k-est:20180819092206p:image

f:id:k-est:20180819092216p:image

f:id:k-est:20180819092220p:image

はあ〜 ため息でるわあ。なんて素晴らしい靴なんでしょ。

 

デザインはどちらもプレーントゥダービーでそっくりです。ベルルッティは1アイレット、コルテは2アイレットの違いはありますが。。あとベルルッティには後ろ半分にカリグラフィと呼ばれる文字が刻まれています。これがまたカッコいいんですよね。

 

余は満足じゃ。

 

 

お読みいただきありがとうございます。次の記事でまたお会いしましょう。👋