+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

靴修理店GATOさんでヴィンテージスチール取付&シューシャイン

どうもESTです。

今日は靴修理店GATOに預けていた愛靴たちを引き取りに行ってきました。

 

引き取ってきたのはこちらの二足です。👇

f:id:k-est:20180811213918p:image
f:id:k-est:20180811213927p:image

フォスター&サン ASTONとベルルッティです。

 

フォスター&サンは爪先のヴィンテージスチール補強、ベルルッティは同じくヴィンテージスチール補強と全体的な磨きをお願いしてありました。

f:id:k-est:20180811214024p:image
f:id:k-est:20180811214037p:image
取り付けたスチールの側面はコバと同色系で塗られており芸が細かいです。

 

f:id:k-est:20180811214046p:image
f:id:k-est:20180811214056p:image

分かりますかね…下のフォスター&サンの方が分かりやすく撮れてますが、スチール側面が黒く塗られています。そしてどちらもスチールとソールがツライチになるように仕上げられています。見事👏

 

ベルルッティは磨きもお願いしました。

f:id:k-est:20180811214126p:image
爪先とヒールは軽いハイシャイン仕上げにして貰っています。ワックス盛り盛りではなく自然な感じの仕上がりです。

 

GATOで靴磨きをお願いすると、業務提携しているシューシャイナーのGentle中山和彦氏に磨いて貰えます。今回私のベルルッティも中山氏による磨きとなりました。

 

GATOのblogに中山氏の磨き工程がアップされていましたので今後、自分で磨く際の参考までに転記させて貰います。

作業工程

  1. インソールをアルコールにてクリーニング。カビや中の臭いなどの防止。
  2. コバの整え。コバの荒れ具合にあわせて、サンドペーパー150〜180番手を使用しコバを均一にする。
  3. コバインキで補色。
  4. 馬毛ブラシを使って靴全体、タン付近、アッパーとコバの隙間等の埃を落とす。
  5. リムーバーと綿100%の晒しでブラシでは落としきれない古いクリームや汚れを除去。晒しは程良く凹凸があるので汚れ落としや後の乾拭きに最適。
  6. 乳化性クリームで皮革全体に栄養を与える。素手でクリームを塗る事により適切な量とクリームに配合されているシアバターが体温と共に溶けて革に栄養を浸透させる。
  7. 豚毛ブラシで塗布したクリームを均一にする。靴全体にブラシを使ってムラなく伸ばし更に浸透させる。
  8. 乾拭き。先程の晒しで余分なクリームを拭き取る。
  9. ワックスでトゥとヒールを鏡面磨きにする。鏡面にする事で見た目が良くなる事は勿論、外部からの衝撃の防止対策にもなる。
  10. 山羊毛ブラシとフランネル生地でアッパーをしっとりと、トゥのヒールは水に濡れた様な光沢に仕上げる。
  11. アウトソールを専用のオイルを使用し、ソールの耐久性、カビ防止を高める。

以上が中山氏による磨きの工程です。料金は2,000円と一般的なお値段だと思います。

 

そして、引き取りと同時にさらに二足の愛靴を入れ替えで預けてきました。

f:id:k-est:20180811214334p:image

左:タニノクリスチー  右:サントーニ

 

奇しくもどちらもリミテッドエディションと呼ばれるモデルです。

今回も恒例の爪先補強のオーダですが、プラスでタニノにはハーフラバーを施すことにしました。

 

サントーニもできればソール保護のためハーフラバーを検討したのですが、ソールのセンターが盛り上がったデザインのため、貼っても剥がれやすいと言われて諦めました。爪先のヴィンテージスチールのみの取付となります。

 

ちなみに靴修理店GATOはさいたま市の北浦和にあり、行くときはクルマで行くことが多いです。

f:id:k-est:20180813120213p:image

 

お読みいただきありがとうございます。次の記事でまたお会いしましょう。👋