+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

「怠け者」集合!

どうもESTです。

今日は我が家の「怠け者」を集合させてみました。

f:id:k-est:20180814151719p:image


上の四足の靴がなぜ「怠け者」と呼ばれているか分かりますかね…

 

ローファーはLazy-Man(レイジーマン)と呼ばれ、直訳するとずばり「怠け者」になるからです。シューレースやバックルを使わず簡単に脱ぎ履きできることからついた名称なのでしょうね。サイドがゴムになっているサイドエラスティックの靴などもローファーと同じくレイジーマンと呼ばれています。

 

以前は、ローファーというと高校生やオヤジの履物というイメージが強かったですが、いつの頃からか好きな靴になっていました。オヤジになった証拠かな。やはり楽なのが良いですね。

 

さて、今回召集をかけた怠け者集団を一つずつ紹介していきます。


まずは、ベルルッティの「Andy」

f:id:k-est:20180814151653p:image
スタイリッシュなローファー。ダークパープルに輝くパティーヌが自慢の子です。


オーベルシーの「Lupin」

f:id:k-est:20180814151808p:image
二つ目が特徴のルパン。これまたフランス靴らしい色気を放つ一品です。


お次はジョンロブの「Ashley」

f:id:k-est:20180814151831p:image
緑色の肌の持ち主。靴の完成度はさすがです。緑がお洒落過ぎて履きこなせません。


そしてラストはフォスター&サンの「Aston」

f:id:k-est:20180814151924p:image
今回唯一のスエード素材。デザインも他の3つに比べると多少丸みを帯びています。フォスター&サンは日本での知名度が低いマニア向けの靴とも言えます。実はクロケット&ジョーンズ製だったりします。

 

以上、我が家の怠け者集団でした。

 

 

お読みいただきありがとうございます。次の記事でまたお会いしましょう。👋