+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【資格】建築・設備総合管理士 講習3日目

どーもESTです。

いよいよ建築・設備総合管理士講習の最終日です。

 

今日は生憎の雨模様でしたが、会場のAP浜松町は建築・設備総合管理士以外にも色々な講習をやっているようです。特に日本馬主協会連合会の「競馬振興特別委員会」なんて面白そうですね。

f:id:k-est:20180801070820j:image

さて、最終日となる今日のカリキュラムは下記の通りです。

 

【第3日目 カリキュラム】
◆9:30-11:50
・日常の維持保全
・診断と修繕、更新、改修
・情報管理
・ビル管理におけるコンピュータ利用
・エンジニアリングレポートとPFI
・建築物のライフサイクルマネジメント指針
◆11:50-13:10
・昼休憩
◆13:10-14:15
・修了考査1(択一式)
◆14:25-16:00
・修了考査2(記述式)

 

講義は午前中で終わりです。午後はいよいよ修了考査です。修了考査は二つあります。1は択一式、2は記述式です。

 

択一式はテキスト持ち込み不可ですが、記述式はテキストの持ち込みがOKとなります。

 

まず、1の択一式についてですが、四択問題が30問出ます。適当なものもしくは不適当なものを選ぶ問題です。

合格点が何点かは不明ですが、この三日間の講義の中で重要な部分を講師の方が教えてくれて、基本的にその中から出題されますので、講義をしっかり聞いて重要部分にラインを引いて復習してあれば難しい問題ではありません。

 

問題は2の記述式です。
与えられた建物条件(建物規模、設備概要等)を元に下記の2テーマについて800文字〜1,200文字で記述するものという内容でしたが、制限時間が90分しかありません。

 

ちなみにテーマは

 

①維持保全の実施組織の要点
②設備等の点検、整備の実施計画の要点

 

の二つでした。このテーマが毎年同じか変わるかは分かりません。

 

それぞれテーマ毎に日常点検の内容や選任が必要なもの、法定点検が必要なもの、またその周期や資格者要件などの留意事項があります。テキストの持ち込みはOKですが、のんびり眺めている暇はありません。何と言っても時間が足りないんです。

 

私はなんとか終了2分前に書き終えましたが、最後は殴り書き状態です。終わらなかった人も結構いるんじゃないかと思います。90分の試験時間の内、45分以降は途中退出OKですが、退出者は皆無でした。

 

私はなんとか書き終えたと言っても、見直す暇がなかったため出来栄えは?です。

 

ちょっと甘く考えてました。63,720円もの講習料を払い三日間かけた挙句に落ちたら発狂モノですよね。