+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【愛用品】エドワードグリーンについての考察

どーもESTです。

私が持っている革靴にエドワードグリーンの「CHELSEA チェルシー」というストレートチップの靴があり、最近、このチェルシーの出自が気になっています。

 

一体いつ頃作られた靴なのか…

 

ここでポイントとなるのは主に下記の3点。

 

【CONTENTS】


①アッパーのデザイン

f:id:k-est:20180808142452p:image

f:id:k-est:20180808142504p:image

チェルシーと言えばスワンネックステッチが入ったデザインが特徴的です。

 

ところが私のはスワンネックが入っていません。

 

そこで少し調べてみると、旧工場時代に作られたチェルシーにはスワンネックが入っていないようです。

 

スワンネックが入るようになったのは90年代半ばくらいにリデザインされてから、とのこと。となるとこのチェルシーは旧工場時代のいわゆるオールドチェルシーなのか… しかし見た感じはそれほど古さを感じません。

 

 

②インソックのロゴ&ライニングの窓

f:id:k-est:20180808142727p:image

お次はインソックのロゴです。

 

見てのとおりブロック体のロゴです。さらにライニングには小窓付きです。

 

ロゴについてはデザインがコロコロと変わっており、調べても年代ごとのデザインが良くわかりませんでした。だけど少なくともこのロゴはそんなに古くありません。

 

さらにライニングの小窓に関しては、工場を移転した90年代半ばから採用され、旧工場時代はライニングに直に手書きされていました。


そうなると、アッパーのデザインとインソックのロゴ&ライニングの小窓は年代が矛盾してきます。

 

 

③アウトソールのデザイン

f:id:k-est:20180808143059p:image

MADE IN ENGLANDの表示とEGが重なるマーク。

 

このアウトソールの表示に関しては旧工場製の80年代中ごろまでは小さいサイズのブロック体、90年ごろまでは少し大きめのブロック体、90年以降は現行の筆記体刻印になっていると言われています。

 

私のは多分少し大きめのブロック体でしょう。

 

そうすると結論は…

 

よく分かりません😭

 

アッパーのデザインだけ見たら旧工場製か、と思いますが、それ以外の部分が新工場時代です。

 

自分を納得させる考えとして、旧工場から新しい工場へ移る過渡期に生産されたものか、はたまた新工場製品でも、限定でスワンネック無しモデルがあったorオーダーしてスワンネック無しにして貰ったのではないか、と言うのが私が辿り着いた答えです。

 

実際の出自が知りたい。誰か分かる人helpです。