+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【読書】建築設計者の書いた「測って描く旅」という本を読んでみた。

どーもESTです。

今回読んだ「測って描く旅」という本は、元日建設計の設計者で現「浦一也デザイン研究室」主宰の浦一也氏が書いた本になります。

 

著者は出張時など、ホテルに泊まるとゲストルームを測り、部屋に備え付けてあるレターペーパーに描くのが習慣になっているそうです。

元々は設計のための資料づくりだったそうですが、いつしか趣味となってしまったとのこと。

本書はそんな浦氏がいままで描いてきた数々のゲストルームを紹介するとともに描き方について紹介した本になります。

f:id:k-est:20180808082455j:image

でもって、読んでいたら影響されやすい私としては「いっちょ真似して描いてみるか!」となり、早速描いてみました。

f:id:k-est:20180808082820j:image
とりあえず身近なところで自宅のリビング。初めてなのでなんとも拙いですが、確かに部屋の絵を描くのって何かいいですね!ちょっと建築かじってます、という気にさせます。

描いていて二級建築士の製図試験を思い出しました。

 

調子に乗って色付けも…

著者は水彩で色付けするようですが、私は水彩セットを持っていないため、水彩色鉛筆を使用。使用した水彩色鉛筆はステッドラー12色です。

f:id:k-est:20180808082854j:image

スケッチブックに描いたのではなく普通のノート(マルマン ニーモシネ)に描いたため、ちょっと水気が多いとすぐ紙がヨレヨレになってしまいます。そのため、ほぼ色鉛筆のままの状態に近いです。


絵を描くのを継続するって大変ですけど、来週泊りの出張予定があるから、泊まったホテルの部屋を採寸して描いてみようかな。

なかなか面白い本でした。