+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

1級建築施工管理技士 実地試験ガイダンス

先日、日建学院の「1級建築施工管理技士実地無料ガイダンス」を受けてきた。

 

内容は約1時間のDVDによる実地試験のポイント説明+個別案内だった。

 

個別案内は実地試験のコース案内(営業活動)だったが、当初想定したほどぐいぐいくるわけでもなく、アッサリした感じで拍子抜けした。それとも後から電話営業が凄いのかな…

 

コースは、6月末から始まる「実地本科速修コース」と8月中旬から始まる「実地コース」の二つがあり、それぞれ日曜日学習のパターンと平日夜間学習のパターンとなる。

 

値段は「実地本科速修コース」が200,000円(税抜)「実地コース」が130,000円(税抜)となる。

 

2級建築施工管理技士の実地試験に一度落ちた自分としては、1級の実地は独学では難しいかなと考え始めている。ゼネコンで働いた事が無く、現場経験も少ないためスラスラ書けるようなネタが無い。

 

今回の個別案内時にも「発注者の立場での記述は難しいですよ」と言われてしまった。やはり周りはゼネコンの現場監督が多いため、その中で発注者の立場として経験記述を書くのはハードルが高いようだ。

 

まあ、日建学院に通うとしても8月からのコースにすると思う。それまでまだ時間があるのでもう少し考えてみたい。