+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【読書】森博嗣氏のVシリーズを読んでの感想

どーもESTです。

以前、森博嗣氏のS&Mシリーズを読破した記事を書きましたが、今回、その続き作品とでも言うべきVシリーズも全巻読破しましたので、改めてレビュっちゃいます📖

【読書】森博嗣氏のS&Mシリーズを読んでの感想 - +αな暮らし

 

【CONTENTS】

 

黒猫の三角 Delta in the Darkness

Synopsis
1年に一度、決まったルールの元で起こる殺人。

今年のターゲットなのか、6月6日、44歳になる小田原静子に脅迫めいた手紙が届いた。探偵・保呂草(ほろくさ)は依頼を受け「阿漕荘」に住む面々と桜鳴六画邸を監視するが、衆人環視の密室で静子は殺されてしまう。 

f:id:k-est:20180906073100j:image 

VシリーズのVは四人の主要な登場人物の一人である瀬在丸紅子(Venico)のVから来ているようです。残り三人の主要キャラの名前は、保呂草潤平、小鳥遊練無、香具山紫子と四人共、変な名前ばかりです。

瀬在丸紅子以外の三人は、ボロアパート「阿漕荘」に住んでいて、なんともレトロ感溢れる作風となっています。

さて、この「黒猫の三角」、密室殺人でのトリックは、読んでしまえば大したことはないのですが、犯人の正体には驚かされました。

個人的には、S&Mシリーズの方が登場人物の設定や作風が好みですが、Vシリーズ、果たしてどうなることやら。。

 

 

人形式モナリザ Shape of Things Human

Synopsis
蓼科に建つ私設博物館「人形の館」に常設されたステージで、衆人環視の中、「乙女文楽」演者が謎の死を遂げた。二年前に不可解な死に方をした悪魔崇拝者…その未亡人が語る「神の白い手」…美しい避暑地で起こった白昼夢のような事件に瀬在丸紅子と保呂草潤平ら阿漕荘の面々が対峙する。

f:id:k-est:20180906074131j:image

Vシリーズ第2弾。前半〜中盤にかけてはあまり面白くなかったのですが、後半の謎解きからクライマックスにかけては面白かったです。

森博嗣氏の作品は「この人じゃないと犯行は行えないな」と言う人がズバリ犯人だったりすることがありますが、それでもストーリーを読み進めていく中で、犯人は誰々だと説明されるまで分からなかったりするので不思議なものですね。

今回の話は、殺人事件の犯人より、もう一つの謎、すなわち絵画泥棒の正体の方が驚きました。

 

 

月は幽咽のデバイス The sound Walks When the Moon Talks

Synopsis
薔薇屋敷、あるいは月夜邸と呼ばれるその屋敷には、オオカミ男が出るという奇妙な噂があった。
瀬在丸紅子たちが出席したパーティの最中、衣服も引き裂かれた凄惨な死体が、オーディオ・ルームで発見された。現場は内側から施錠された密室で、床一面に血が飛散していた…

f:id:k-est:20180906074359j:image

独特なキャラクター&名前のため、なかなか感情移入がし辛いVシリーズの主要人物達。3作目に入りやっと自分的には馴染んできた感じです。

さて、本作もまた密室がポイントです。不可能殺人の謎にいつもの阿漕荘の面々+瀬在丸紅子が挑むのですが、今回の密室の謎はかなり無理がありそうな感じですね。いくらなんでも「鑑識が大勢調べてるんだからすぐ分かっちゃうでしょ〜」と言った感じです。

そして、これがVシリーズの特徴の一つか⁉︎と思わせしめるのが、保呂草潤平のもう一つの顔による仕事ですね。本編の殺人事件には直接的な関係はないのですが、ちょっとした物語のスパイスになっています。

それにしても… 一つだけ謎のまま終わってしまったことがあります。それは最後の方で登場する「オスカー」の正体。オオカミ男の噂が出る屋敷なだけに狼なのか…それとも屋敷の令嬢 莉英が森川素直と香具山紫子にだしたナゾナゾの答えである熊なのか…ちょっとだけ気になる。

それと、どうでもいいことですが、読み終えるまでタイトルの「幽咽のデバイス」を「幽悦のデバイス」だと思っていました。

 

 

夢・出逢い・魔性 You May Die in My Show

Synopsis
20年前に死んだ恋人の夢に怯えていたN放送プロデューサが殺害された。犯行時響いた炸裂音は1つ、だが遺体には2つの弾痕。番組出演のためテレビ局にいた小鳥遊練無(たかなしねりな)は、事件の核心に位置するアイドルの少女と行方不明に…

f:id:k-est:20180906074752j:image

タイトルの「夢・出逢い・魔性 You May Die in My Show」は「夢で逢いましょう」にかけています。タイトルは凝っているけど中身はイマイチだったな…と言うのが個人的な感想です。

まあ、なんと言っても犯人の動機が弱過ぎましたね。ただの奇人の犯行です。ミステリー小説の犯人にはやはり殺人を犯すだけの強い動機が欲しいです。

それと、今回の話しは前3作とは違い那古野が舞台ではありません。東京が舞台のため、林警部が出て来ませんので、林警部と瀬在丸紅子の微妙なやり取りが無く、少し物足りない感じです。また、保呂草潤平も影が薄かったですね。

全体的に薄い仕上がりの作品でしたが、途中のクイズ番組出演のくだりなど事件とは直接関係無い部分で盛り上げた感じです。

 

 

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge

Synopsis
アクロバット飛行中の2人乗り飛行機。
高空に浮かぶその飛行機内で起こった殺人。「エンジェル・マヌーヴァ」と呼ばれる宝剣をめぐって、会場を訪れた保呂草潤平と無料招待券につられた阿漕荘の面々は不可思議な事件に巻き込まれてしまう。

f:id:k-est:20180906075200j:image

ちょっとタイトルがファンタジーチックですね。

アクロバット飛行中の複座機で起こった殺人事件。しかも殺されたのがパイロットという突拍子もないストーリーです。作者の森博嗣さんは、曰く「推理小説では意外性を持たせるために先のことを考えずに執筆し、だいたい5割ぐらいまで作品ができてきたところで初めて犯人を誰にするか考えるという」とのことです。それが本当だとすると、本作のようなとんでもないシチュエーションの殺人現場だと、つじつまを合わせるのが大変だったろうなあ…と思うのですが、これが意外と上手くまとめられていました。さすが森先生👏 ただし、動機だけはいまいちハッキリしませんでした。どうも森作品はあまり動機を重視していない傾向があるようです。

探偵役の瀬在丸紅子と保呂草潤平の関係が一作目(正確には二作目)から比べると、ホントにほんの少しだけ近付いている気がします。

 

 

恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits

Synopsis
大学院生、大笛梨枝は指導教官の代理で参加している文化教室で羽村怜人という建築家の男性と出会う。2人の仲は急速に親密さを増し、折り良く那古野に立ち寄る豪華客船ヒミコ号に乗って小旅行を計画するに至る。一方、保呂草と紫子は各務亜樹良からの情報から同じヒミコ号に乗ることになる。2組のカップルと無賃乗船の紅子・練無が居る状況で、夜の客船から人が落ちるという事件が起こってしまった…

f:id:k-est:20180906081640j:image

Vシリーズもとうとう6作目。全10作なので折り返しです。今回の作品は前作「魔剣天翔」の続きみたいな作品なので、前作を読んでいないとよく分からない部分が多々あります。どうもVシリーズは今までの作品とリンクしてる部分があるので、順番通りに読まないといかんですね。

さて、本作は豪華客船で起こる事件という、せっかくの王道な舞台なので、もっと謎に満ちた連続殺人物にして欲しかったと個人的には思うのですが…実際には、何ともアッサリした作品に仕上がっています。

犯人(犯人という表現でいいのか微妙ですが)が誰なのかも途中で分かってしまいましたし、ちょっと物足りなかったです。だけどラストの大笛梨枝の手紙は森作品っぽい味付けでした。

 

 

六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists

Synopsis
山奥に建てられた土井超音波研究所に招待された紅子たち。パーティーが行われる中、出席者の1人が死体で発見される。そして、警察に送られた予告どおり、研究所に通じるただ1本の橋が爆破され、研究所は外界から完全に隔絶されてしまう…

f:id:k-est:20180906082929j:image

Vシリーズもとうとう7作目まで来ました。今回の舞台は山奥の孤立した研究所です。なんだかVシリーズはベタな設定が多いな。

読んでいて、犯人はコイツでは…と言うのが今回もあり、そして結果的に合っていました。まあ、なんとなくの山勘なんですけどね。

それにしても、今回のトリックにはいくらなんでも無理があるやろ…と言った感じがしないでもありませんが、まあ小説なんで深く考えない方が良いと思います。

Quotes
それよりも、良いことだけを、楽しいことだけを、考える、それが生きる手法というものだ。(P.403)

…ラストのエピローグでの保呂草潤平の脳内台詞です。ま、別段大したことは言ってないんですけどね。ただ、最近仕事でいくつか問題を抱えていて、ホントに楽しいことだけを考られたらいいなぁと単純に思えてしまっただけです😁

 

 

捩れ屋敷の利鈍 The Riddle in Torsional Nest

Synopsis
エンジェル・マヌーヴァと呼ばれる宝剣が眠る“メビウスの帯”構造の巨大なオブジェ様の捩れ屋敷。密室状態の建物内部で死体が発見され、宝剣も消えた。そして発見される第二の死体…。
屋敷に招待されていた保呂草潤平と西之園萌絵が、事件の真相に至る!

f:id:k-est:20180906083320j:image

上記のあらすじの通り、S&Mシリーズの西之園萌絵とVシリーズの保呂草潤平が共演する密室ミステリーです。Vシリーズの他のレギュラー陣は瀬在丸紅子以外、全く登場しません。

それにしても、S&MシリーズとVシリーズは年代が違う物語だと思っていたんだけど、共演してるということは気のせいだったのかな…。

今回の話は、殺人事件が2件起きますが、結局、動機が不明のまま…なんだか消化不良な話しです。宝剣が消えたトリックも無理があります。現実にそんなトリックを使ったら一瞬で見破られてしまうだろ…と言った雑さです。なんか内容の薄い、やっつけ感のある作品に感じました。無理やりS&Mシリーズの西之園萌絵を登場させることで内容の薄さを誤魔化したのではと勘繰ってしまいます。

 

…と思ったのですが、ネットで少し調べてみると、どうやら本作は時系列がズレた話しみたいでした。元々、S&MシリーズはVシリーズより20〜30年くらい後の話しのようで、本作はVシリーズの視点でみると未来のお話。つまりS&Mシリーズの時代の話しとのこと。とすると、ラストの保呂草潤平と瀬在丸紅子のやり取りも「なるほどね🤔」となります。今回の殺人事件は、S&MシリーズとVシリーズをリンクさせたおまけみたいなものですね。

さすが森博嗣先生、捻れているのは屋敷だけではありませんでした。

 

 

朽ちる散る落ちる Rot off and Drop away

2016年の初読了作品は森博嗣氏のミステリー小説「朽ちる散る落ちる」です。Vシリーズ第9作目になります。これでVシリーズもいよいよラスト10作目を残すのみとなりました。

Synopsis
土井超音波研究所の地下に隠された謎の施設。絶対に出入り不可能な地下密室で奇妙な状態の死体が発見された。一方、数学者・小田原の示唆により紅子は周防教授に会う。
彼は、地球に帰還した有人衛星の乗組員全員が殺されていたと語った…

f:id:k-est:20180906083733j:image

元々、作品通しの繋がりが見られるVシリーズですが、特に本作品は第7作目の「六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists」と密接に繋がっています。と言うか、舞台が全く同じ土井超音波研究所で、完全に第7作目の続きです。

今回は現在進行形で殺人事件が起きるのではなく、過去の死体が発見されることで始まるストーリーです。あらすじを読むと「地球に帰還した有人衛星の乗組員全員が殺されていた…」などという物凄いスケール感のミステリーを予感させますが、実際には有人衛生の殺人事件はサイドストーリー的な扱いなので、おまけ程度のお話しです。残念。

正直言って、本作品は面白いのかつまらないのか良く分からなかったです。集中して通しで読めば、また違ったのかも知れませんが、勉強や所用の隙間時間でちびちび読んでいたので、物語に入り込めぬまま読み終えてしまいました。

 

 

赤緑黒白 Red Green Black and White

Synopsis
鮮やかな赤に塗装された死体が、深夜マンションの駐車場で発見された。死んでいた男は、赤井。
彼の恋人だったという女性が「犯人が誰かは、わかっている。それを証明して欲しい」と保呂草潤平に依頼する。そして発生した第2の事件では、死者は緑色に塗られていた…

f:id:k-est:20180906084012j:image

Vシリーズのラストを飾る本作は約580頁にも及ぶ長編です。いや、元々Vシリーズは連作で物語同士の繋がりも大きいので大長編と言えますね。

本作のエピローグで林警部のフルネームのヒントとS&Mシリーズの重要人物が登場しますが、これはS&Mシリーズを先に読んでいないと訳が分かりません。森博嗣作品は発刊された順番で読まないと理解出来ないところが多いので、まだ読んだことの無い人は注意した方が良いです。

さて、本作品の殺人事件について…

Vシリーズでは恒例とも言えますが、動機はあって無いようなもの。トリックについても無理感あり。しかしながら殺人事件やトリックなどはオマケみたいなもので、シリーズ全体の謎解き(もしくは集大成)としての作品ですので、本来なら「なんじゃこの動機とトリックは、とんだ三流作品だわい」となるものが許せてしまえるから不思議です。

前述した林警部のフルネームに気付くと、必然的に瀬在丸紅子の息子の「へっ君」の正体にも気付くと思いますが、それにしても、森博嗣さんはよくもこんなストーリーを思いつくなあ…と改めて思いました。

 

以上、これにてVシリーズ全10作品読破です。

次は真賀田四季を中心とした四季シリーズへ進みます。