+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

技術士 一次試験 終了

先ほど技術士の一次試験が終了した。

 

試験会場は港区三田にある慶應義塾大学の三田キャンパスだった。

f:id:k-est:20180730203100j:image

試験内容は午前中「適性科目/1時間」、午後は「専門科目/2時間」及び「基礎科目/1時間」となる。

 

秋晴れの中、試験を受けてきたが、試験会場の空調が効いておらず、午後の専門科目の試験中に暑くて意識が朦朧としてしまった。手を挙げてトイレタイムを取ったが、試験官がトイレの入口まで付いてきたのには驚いた。

 

さて、試験の感触だが…

適性科目と専門科目はそれなりの出来だと思う。問題はラストの基礎科目。想像以上に時間がかかってしまい、試験官に「あと10分です」と言われた時点で最後の「環境・エネルギー・技術」の問題がまだ一問も取り組めていない状態だった。その時点で焦ってしまい、稼ぎどころである「環境・エネルギー・技術」の三問を飛ばし読みで解くハメになってしまった。完全に時間配分ミス。それでも、どうにかこうにか全問解くことは出来たので、あとは結果を待つのみだ。めっちゃ疲れた。(>人<;)

 

お昼ごはんは木漏れ日と露出狂の友達の元で、コンビニパンを食べた。

f:id:k-est:20180730203241j:image

(露出狂の友達)