+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【実務】改正フロン法について

どーもESTです。

今日は改正フロン法についての話しです。

と言うのもフロン法が改正され平成27年4月より施行されるからです。

 

今までは「廃棄時の回収・破壊」に関わる規制でしたが、今後は規制対象が拡大され、フロンを「使用中の管理」も対象に加わります。

規制対象者は、「フロン製造業者」だけでなく「管理者」も含まれます。この「管理者」はいわゆる使用者・ユーザーになりますので、私のように施設管理をしている人間にとってはダイレクトに関係してきます。

 

では、規制対象製品は、一体何なのかと言うと…基本的には「第一種特定製品」となるのですが、例えばオフィスなどでは業務用エアコンがこれに該当します。他にも冷蔵ショーケース、冷蔵庫、ウォータークーラーなども対象です。

ちなみに、家庭用エアコンや冷蔵庫は家電リサイクル法により管理、処理されているので対象外になります。

 

「第一種特定製品」と家庭用エアコンの見分け方ですが、室外機のラベルを見て判断できます。


第一種特定製品」↓

f:id:k-est:20180918190006j:image

家庭用は基本ルームエアコンになると思いますが、一応ラベルを見ると…↓

f:id:k-est:20180918190020j:image

「第一種特定製品」とは書かれていません。


次に、具体的に「管理者」に課せられた作業内容として、対象機器の「点検(三ヶ月に一回)」と、その点検の「記録・保管」が挙げられます。

 

この「点検」は「管理者」が自ら実施することが求められていますが、専門業者に依頼してもOKです🙆‍♂️


次に点検内容について確認すると…

◆機器の異常振動、異常運転音
◆機器及び機器周辺の油のにじみ
◆機器のキズの有無
◆熱交換器の腐食、錆び、霜付きの有無…等

となっています。

f:id:k-est:20180918190143j:image

点検する台数が少なければ「管理者」自らが点検することも出来ますが、台数が多い場合は大変です。

私が管理する施設では、エアコンの設置台数が多いことから、元々三ヶ月に一回のペースで業者さんにフィルターの清掃や簡易点検をお願いしていました。なので今回の改正フロン法、幸いにも今までの点検+αで対応出来そうです。

 

今回の法改正は結構大変ですが、法律ですので対応しない訳にはいきませんね。