+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

一級建築士受験に向けて準備開始

先日、無事に二級建築士に合格していたので、いよいよ来年、一級建築士を受験することにする!

 

今回が初受験になるが、費用、制約時間の関係で、N学院やS学院などの資格学校への通学は考えていない。

 

どういう勉強の仕方が良いのか、ネットで調べたところ、すぐ「合格物語」というサイトに行き着いた。独学での合格者が活用している教材のようだ。金額もフルコースセット(パソコン用ソフトウエア+音声教材+PDFダウンロード+印刷物教材)79,800円(税込)と資格学校に比べれば格段にリーズナブル。さっそく昨日、フルコースセットを申し込みした。

 

それと同時に、書店でいくつか教材を購入。まずは、法令集。12月上旬で2015年版の法令集が出版されていたのは、日建学院のオレンジ本、総合資格の緑本、それとTACから出ている法令集となる。私が二級のときに使った井上書院の黄本はまだ出ていない。確か黄本は出版時期が年明けの2月とかで遅かったと思う。法令集の線引きは時間がかかるので、なるべく年内に始めたいと考えていた私としては、悩んだ末にオレンジ本の横書き版を購入。一緒に、線引きの参考とするため「法規のウラ指導」も購入。これも2015年版がまだ出版されておらず、2014年版を購入した。線引きする箇所はそれほど変わらないだろうとの考えだ。

 

それと、もう一冊「構造力学のツボ(植村典人著)」という本も買った。力学計算は(というか計算問題が)非常に苦手で二級の時は完全に捨て、暗記モノだけで勝負したが、さすがに一級はそんなに甘くないと考えての購入となる。この参考書を選んだのは、ネットで分かりやすいという情報を見たためだ。

とりあえず着々と勉強準備だけ始めている。