+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

最端製図 後半戦 練習課題2 取り組み

最端製図の第四課題に取り組む前に、練習課題2から取り組むことにした。練習課題1の記事でも書いたが、この練習課題と言うのは、通常の添削課題ではなく、最端製図.comのホームページ上にアップされている課題になる。

f:id:k-est:20180927074046j:image

さて、その練習課題2に要したタイムは…

  • エスキース:55分
  • 1階平面図兼配置図:65分
  • 2階平面図:45分
  • 北側立面図:25分
  • 2階床伏図兼1階小屋伏図:40分
  • 部分詳細図:23分
  • 断面図:25分
  • 仕上表:5分
  • 面積表:5分
  • 計画の要点:7分

合計4時間55分。相変わらず余裕がない。

 

今回のポイントは1階床高が300と指定されていたのと、車庫を建物内に配置しなくてはいけなかったことだろうか。車庫はともかく、床高は立面図や断面図と整合性を取らなくてはならない。それと、部分詳細図で基礎〜1階床部分を描く場合も整合性が必要だ。今回の部分詳細図は1階天井〜2階床だったので、問題なかったが、1階床高が300の場合の基礎〜1階床にかけての部分詳細図はどう描くんだろう…もし、本番で出た場合ヤバイので調べておかねば。


さて、次の第四課題だが、既に手元にあるので、引き続き取り組んでいきたい。