+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

最端製図 後半戦 第二課題 取り組み&建築物環境衛生管理技術者 過去問題集購入

後半戦 第二課題トライ

最端製図の後半戦、第二課題が終了した。

f:id:k-est:20180926083031j:image

タイムは、

  • エスキース60分
  • 1階平面図兼配置図85分
  • 2階平面図38分
  • 立面図17分
  • 2階床伏図兼1階小屋伏図48分
  • 断面図25分
  • 断面詳細図26分
  • 仕上表5分
  • 面積表5分
  • 計画の要点7分

しめて合計5時間16分となる。

 

前回の第一課題より時間がかかってしまった。今回、平屋部分が二箇所できてしまい、思いのほか平面図、梁伏図などで時間がかかったのが原因だ。

 

それと今日、建築物環境衛生管理技術者試験の過去問題集を購入した。

f:id:k-est:20180926083132j:image

選んだ問題集はオーム社の「ビル管理試験攻略問題集」となる。選んだ理由は、問題と解答が同じページに載っているから。また、オーム社の過去問は年度毎に分かれているのではなく、科目別に5年分の問題が掲載されているのもポイントが高い。苦手な科目などを集中的に勉強することが出来る。

 

ビル管試験の過去問題集と言えば、通称「赤本」と言われる問題集があるが、これは解答がまとめて最後に載っているため、答え合わせがめんどくさそうなのでやめておいた。

 

《8月1日追記》

添削戻し

最端製図から第二課題が戻ってきた。

 

今回の第二課題は難しく感じたので、案の定、赤字が多い。

f:id:k-est:20220911160334j:image

主な赤字は、

  • 平面図の縦手摺が描けていない(描き方を知らなかった)
  • 吹き抜け部分の梁記入漏れ(そもそも根太がかかる場所ではないので梁不要だった)
  • 床伏図兼小屋伏図の梁のサイズ記入漏れ
  • 断面図の屋根勾配記入漏れ
  • 手摺描いてない…等々

 

総合判定はB+。評価がAになるためには、やはり時間内に作図が完了させる必要がある。今のままではタイムオーバーなので、チェック時間を作ることも考えると、少なくともあと40分くらいは縮めたい。