+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは建築・不動産・施設管理系の資格挑戦についてと、革製品を始めとした愛すべきプロダクトについてつらつら書いています。

最端製図 後半戦 第一課題 取り組み

後半戦 第一課題トライ

後半戦の第一課題が終了した。

後半戦の課題は、本番試験課題に合わせているので、テーマは「介護が必要な親(車椅子使用者)と同居する専用住宅(木造2階建て)」となる。

 

今回の第一課題は6月下旬に送られて来たが、7月6日にファシリティマネジャー試験があり、その追い込みに追われていたため、第一課題に取り組んだのはファシリティマネジャー試験後となった。

f:id:k-est:20180925213843j:image

第一課題に要したタイムは、エスキース70分、平面図105分、立面図20分、床伏図兼小屋伏図40分、断面図30分、断面詳細図20分、仕上表5分、面積表5分、計画の要点10分、しめて合計6時間5分となる。

 

久しぶりの課題と言うこともあり、作図は丁寧に描いたつもりだ。もっと急いで描けば、6時間は切っていたと思う。それと、断面図が前半戦ではあまり描くことがなかったため、テキストを見ながら描いたこともあり、目標タイムより10分くらい多めにかかっている。

 

試験まで二ヶ月弱、頑張ってタイムアップしなければ…

 

《7月17日追記》

添削戻し

最端製図から第一課題が戻ってきた。

f:id:k-est:20220911155717j:image

想像以上に赤字が多い。とは言え、よく見ると細かい指摘が多いので、気をつければ直せそうなものばかりだ。


総合判定はB+。Aを目指して引き続き頑張りたい。


そして、第一課題の戻しに同封されて、次の第二課題が入っていた。第二課題の提出〆は7月31日なので、あまり余裕が無い。

 

前半戦が五ヶ月あったのに対し、後半戦は二ヶ月ちょいしか無いので、課題提出の期間が短い。