+αな暮らし

某製造メーカーでインハウスのファシリティマネジャーとして建築・不動産に関する仕事をしています。このブログでは実務に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記録について書いています。また、革製品を始めとした愛すべきプロダクトに関する記事などもつらつら書いています。

力の単位 ニュートンについて

どうもESTです。

実は私、今年の二級建築士試験を受験する予定です。

f:id:k-est:20211220130017j:image

注:私ではありません。イメージです。

 

学科試験に向け、勉強を始めているところですが、建築の勉強を始めると色々なところで出てくる単位があります。それは N(ニュートン)です。

 

今回はこのNという単位について書いていきたいと思います。

 

N(ニュートン)とは

このNという単位は国際単位系(SI)における力の単位で、かの有名なイギリスの物理学者アイザック・ニュートンに因んでいます。

f:id:k-est:20211108133521j:image

(Wikipedia先生より引用)

 

でも、1Nって言われてもどれくらいの力なのかピンときませんよね。少なくとも私にはパッとイメージできません。

 

そういうときは慣れ親しんだ単位に置き換えてやると分かりやすいですが、そもそも慣れ親しんだ力の単位というものがありません。

 

そのため、重さの単位であるkgに置き換えて考えてみます。kgは質量(重さ)の単位なので、Nとの間に直接の互換性はなく、kgにしたい場合は kgf(重量キログラム)を使います。

 

kgf(重量キログラム)とは

kgfとは何ぞやと言うと、kg単位の質量を持つものが地球表面で受ける重力の大きさです。これは重力という力なので、力の単位Nと換算でき、1kgf=9.8Nとなります。

 

感覚的に覚えておくのであれば、1kgf=10Nが分かりやすいです。Nの1/10がkgと考えておけば大きくは間違っていません。

 

Nは構造力学の初歩の初歩ですが、構造の勉強はイメージが大切なので、Nがどれくらいの力か理解できていないと、その後の勉強に支障が出てしまいます。1,000Nとあれば、大体100kgといった感じでイメージできるようにしておきましょう!

 

 

お読みいただきありがとうございます。次の記事でまたお会いしましょう。👋