+αな暮らし

建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムや読書について綴っています。

【読書】漫画・コミック

【読書】平安時代を舞台にしたサスペンス漫画「応天の門」

どうもEST(@corthay_arca • Instagram photos and videos)です。 今回は平安時代を舞台にしたサスペンス?漫画「応天の門」をご紹介します。 平安京を舞台に菅原道真(すがわらのみちざね)と在原業平(ありわらのなりひら)という二人の実在人物を主人公…

【読書】めっちゃ作画が綺麗な「圕の大魔術師」をご紹介📖

どうもEST(@corthay_arca • Instagram photos and videos)です。 今回は「圕の大魔術師」という漫画をご紹介いたします。「圕」は「囗」のなかに「書」と書き、「圖・書・館」の三文字を簡略化して一字であらわしたものなので「としょかん」と読みます。図…

【読書】ほんわか結婚漫画「マリーミー!」完結

どうもEST(@corthay_arca • Instagram photos and videos)です。 今回は漫画の話です。 皆さんは「マリーミー!」という漫画をご存知でしょうか? 作者は夕希実久さんです。私的にまったく知らない方です。 電子コミックサービスのLINEマンガで連載してい…

【読書】名作拳闘漫画「リクドウ」完結❗️

どうもEST(@corthay_arca • Instagram photos and videos)です。 ヤングジャンプで連載していた拳闘漫画の「リクドウ」最終23巻を読みました。 とうとう終わってしまいましたね。リクドウ…(喪失感)好きな漫画だっただけに残念。 しかし、キリよく終えた…

【読書】アニメ化された「かつて神だった獣たちへ」をご紹介

どうもEST(@corthay_arca • Instagram photos and videos)です。 今回は2019年7月からアニメ化された名作漫画「かつて神だった獣たちへ」をご紹介します。 原作はめいびいさんです。この方、作画上手いんですよね。代表作は本作以外にも「黄昏乙女×アムネ…

【読書】漢(おとこ)なら一度は読むべし拳法漫画「蒼天の拳」❗️

どうもESTです。 今回の記事は、漫画「蒼天の拳」のご紹介になります。 ずいぶん前に完結している漫画なので今さら感がありますが、最近、改めて最初から最後まで読破して感動の涙を流したもので 本作は、かの有名な「北斗の拳」の正当続編(正確には北斗の…

【読書】ファンタジー漫画「クジラの子らは砂上に歌う」の世界観に酔う

どうもESTでございます。 さて、今回は漫画の話です。 現在、マンガボックスで2019年3月29日まで無料試読ができる梅田阿比さんのファンタジー漫画「クジラの子らは砂上に歌う」をご紹介します。 こちらの作品は宮崎駿監督のナウシカに世界観が似ているとのこ…

【読書】格闘漫画の「ケンガンアシュラ」&「ケンガンオメガ」を一挙に紹介

どうもESTでございます。 皆さんは「ケンガンアシュラ」という漫画をご存知でしょうか? 元々、小学館の裏サンデーとマンガボックスで連載されていましたが、全27巻をもって既に完結している漫画になります。 主人公は二虎流と呼ばれる武術の使い手である十…

【読書】ヤクザ vs 透明人間「アダムとイブ」が面白い⁉︎

どうもESTでございます。 今回は漫画の話です。 池上 遼一さんの漫画「アダムとイブ」をご紹介したいと思います。 池上 遼一さんは色々な漫画を描いていますが、有名どころだと「サンクチュアリ」や「HEAT -灼熱-」などのアウトロー的な漫画が多い気がします…

【読書】青春音楽漫画「青のオーケストラ」が面白い❗️

どうもESTでございます。 今回は私のお気に入り漫画の一つ「青のオーケストラ」をご紹介致します。 タイトルにオーケストラと付くだけあって音楽が題材の漫画です 作者は阿久井真さんになります。 この方はアニメーション映画「心が叫びたがってるんだ。」の…

【読書】マニアックな靴職人漫画「IPPO」

どーもESTでございます。 私のように革靴に魅せられたマニアックな紳士ならご存知かも知れませんが、「IPPO」というタイトルの靴職人を主人公にした漫画があります。 革靴に漫画、このBlogで度々取り上げているテーマでもありますので、その融合とも言えるIP…

【読書】神様と人がタイマンを張るトンデモ漫画「終末のワルキューレ」

どーもESTです。 秋も深まり読書(漫画)に精が出ます 今回私めがご紹介する漫画は「終末のワルキューレ」です。 神様と人がタイマンバトルを繰り広げるという何ともはちゃめちゃな内容ですが、これが意外と面白いです 作画はアジチカさんが担当し、原作は梅村…

【読書】作画が上手な「魔女と野獣」をご紹介。

どーーもESTです。 今回は漫画の話しです。 私が現在ハマっている漫画の一つ「魔女と野獣」です。 作者は佐竹幸典さんという方です。 あまり聞いたことがない名前だったので、この漫画以外で何を書いているのかネットで調べてみたところ…特に情報が出て来ま…

【読書】「約束のネバーランド」、略して約ネバ

11月に入り月日の経つ早さに愕然とするESTでございます。 さて、今回は漫画の話しです。 しかも少年マンガ。ジャンプで連載中の「約束のネバーランド」(以下、約ネバ)が今回の記事の内容です。 (原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか「約束のネバーランド」…

【読書】SF界の名著「星を継ぐもの」コミック版をぜひおすすめしたい。

どーもESTです。 ジェイムズ・P・ホーガンによるSF小説「星を継ぐもの(原題:Inherit the Stars)」をご存知でしょうか? 1977年に上梓されたホーガンのデビュー作で、かれこれ40年以上前の作品になります。 (ジェイムズ・P・ホーガン「Wikipedia」より引用…

【読書】スマホアプリ「マンガボックス」中毒の私です。

どーもESTです。 お気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、実は私、マンガ好きなんです。それはもう大が付くほどのマンガ好きです。 このブログでも読書録と言いながら度々マンガのレビューを書いていますが、その気になれば、当分の間、マンガの記事ば…

【読書】原始人漫画「グラシュロス」完結!

どーもESTです。 「神さまの言うとおり」という漫画をご存知でしょうか? 金城宗幸原作、藤村緋二作画による漫画で、実写映画化もされたことがある、そこそこ人気がある漫画です。 今回ご紹介する「グラシュロス」は、この「神さまの言うとおり」の金城&藤村…

【読書】ジュール・ヴェルヌの名作「地底旅行」の漫画版を読んでの感想

どーもESTです。 かの有名なジュール・ヴェルヌの作品「地底旅行」の漫画版を書店で発見。漫画版があるとは思わなかったので思わず購入しました。全4巻大人買いです ところで、ジュール・ヴェルヌって知っていますか? もし知らない方でも作品名を聞いてみれ…

【読書】マニア向けの漫画「redEyes」について語ってみる。

どーもESTです。 ちょっと漫画の話しをしたいと思います。 昨今、様々な漫画が色々な媒体で割拠していますが、皆さんは「redEyes」というマニアックな漫画をご存知でしょうか? 神堂潤氏による漫画で、元々は講談社の「マガジンGREAT」→「マガジンイーノ」→…

【読書】マニアック漫画「牙の旅商人」を読んで…

どーもESTです。 久しぶりの漫画レビューです。さて、タイトルに書いてある「牙の旅商人 〜The Arms Peddler〜」は2010年からヤングガンガンで連載されている作品になります。原作・原案を七月鏡一さん、作画を梟さんが担当しています。途中、作画担当の梟さ…

【読書】男なら一度は読むべし「男坂」

どーもESTです。 唐突ではありますが、かなり古い漫画を紹介します。それは「男坂」というタイトルからして男臭い漫画です。 Synopsis九十九里、東雲中学の番長の座についた菊川仁義! だが、全国制覇を狙う武島軍団の首領・武島将に、あっさりやられてしま…

【読書】漫画版「風の谷のナウシカ」を読んでみた。

どーもESTです。 宮崎駿監督のアニメ映画「風の谷のナウシカ」、この映画を知らない人はいないでしょうが、原作の漫画を読んだことのない人は多いハズ。この度、徳間書店から出版されている7巻セットの原作本を購入し、読んでみました。 Synopsis「火の七日…

【読書】ダークファンタジーの最高峰「ベルセルク」について語る❗️

どーもESTです。 漫画が好きだったら語らずにはいられない未完の大作。それが三浦 建太郎氏の「ベルセルク」です。 Synopsis身の丈を超える巨大な剣や大砲を仕込んだ義手など様々な武器を手に、一人、ゴッド・ハンドへの復讐を胸に旅を続ける「黒い剣士」ガ…

【読書】君は超大作「ファイブスター物語」を知っているか?

どーもESTです。 今回は私が好きな漫画の話しをします 私は以前、永野 護氏の「ファイブスター物語」と言う漫画を集めていたのですが、実家に置きっぱなしにしていたらいつの間にかボロボロになり捨てられてしまいました。それ以来買ってはいませんが、相も…

【読書】超名作「少年SF短編」これを読まずして藤子・F・不二雄は語れない。

どーもESTです。 この藤子・F・不二雄さんの「少年SF短編」は子供の頃読んでいた漫画です。懐かしくて、つい購入してしまいました。 藤子・F・不二雄は、子供向けの作品を執筆するかたわら、1969年から青年誌などに多くのSF短編を発表した。 着眼点の面白さ…